自己破産の真実、最強のメリットがありながら悪者扱い

自己破産の真実、最強のメリットがありながら悪者扱い

破産者・Jです。

 

 

自己破産のイメージは悪いです。
まるで破産=犯罪のような印象を持たれている人も多いです。

 

自己破産のイメージは悪いのですが、実際のところデメリットやリスクはあるのか?
あるとしたらどの程度なのか?詳しく解説していきます。

 

 

そして、最も重要なことです。
自己破産のメリットは免責に他なりませんが、
この免責許可について私の実体験を踏まえながら真実を語っていきます。
※免責とは債務を免れること、借金を支払う法的な義務がなくなること。

 

 

免責許可が下りれば全ての債務を支払う義務がなくなる。
これはあらゆる債務整理の中でも破格のメリットです。
なんのリスクもなく義務が免除されてしまう仕組みです。

 

しかし、そんなメリットがあっても破産のイメージは悪いままです。
このイメージはある理由があって悪くなっているのですが、
私は自己破産を体験した人間として破産の真実を伝える使命があります。

 

 

目次

  1. 自己破産の手続きの流れ、免責許可を得るコツ
  2. 自己破産の申し立ての注意点・人間関係を壊さないようにする
  3. 同時廃止と管財事件の違い、振り分けの方法と条件 オススメ
  4. 自由財産の範囲と自由財産の拡張、財産の換価基準
  5. 免責不許可事由があっても裁量免責によって免責許可を得る方法 オススメ
  6. 自己破産の申立直前の財産の現金化、自由財産と否認権
  7. 免責不許可事由があっても自己破産手続きで同時廃止にする
  8. 交通事故の損害賠償請求権を自由財産として拡張する
  9. 保険外交員が自己破産するとどうなるのか?
  10. 破産財団の差し押さえから相続財産を守る方法
  11. 両親がかけた生命保険の差し押さえを防ぐ方法

 

 

自己破産・百科全書のトップページに戻る

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 街角法律相談所・無料シミュレーター

破産者・Jです。弁護士に債務整理の相談をすると、自己破産を提案されることがあります。自己破産は債務整理の1つの方法です。自己破産する目的とは免責許可を得ることです。免責許可を得るコツは正直に誠実に対処することです。どこの誰に正直になればいいのか?なぜ誠実に対処したほうがいいのか?ここでは手続きの流れを見ながら免責許可のコツを解説していきます。自己破産とは 自己破産とは免責を得ることを目的とした債務...

破産者・Jです。弁護士に相談して債務整理の方針が自己破産と決まったとき、自己破産の申し立てには注意点があります。特に保証人のように第三者がいる場合は人間関係を壊さないように配慮が必要になってきます。また、免責不許可事由がある場合は裁量免責を狙うために誠実性を証明する必要があります。自宅不動産を担保にしている場合は競売を避けて任意売却や自宅に住み続けられるリースバックを検討します。同時廃止と管財事件...

破産者・Jです。自己破産の手続きには同時廃止と管財事件があります。同時廃止なら20万円の引き継ぎ予納金が不要であったり、破産手続きの開始決定と同時に破産手続きが終了するので、管財事件に比べて時間もお金もかかりません。その一方で管財事件は自己破産の原則的な形式です。ここでは管財事件と同時廃止がどのように振り分けられるかを解説します。そして、管財事件のネックになる引継ぎ予納金の確保の方法をお伝えします...

破産者・Jです。自己破産では破産者の財産は債権者に分配することが原則となっています。しかし、まったく財産がなくなると生活に困ってしまうため、自由財産という手元にある程度の財産を残す仕組みがあります。今回は自由財産の範囲と拡張、財産の換価基準を解説しながら、自動車や現金などの財産をより多く手元に残す方法をお伝えします。自由財産とは自由財産とは破産者が自由に使える財産です。しかし、破産者の財産は破産財...

破産者・Jです。借金問題に苦しむ債務者にとって、自己破産する目的は「免責」に他なりません。免責許可が下りると合法的に借金を支払わなくて良くなるので、一気に借金問題が解決します。現在の破産実務では免責不許可事由があったとしても、裁判官の裁量で免責される可能性があります。ポイントは破産管財人の調査に協力して、誠実性と経済的更生の意欲を見せることです。そして、免責審尋で裁判官に2度と免責不許可になること...

破産者・Jです。自己破産の申立をするときに財産を出来る限り手元に残す方法をお伝えします。20万円以上の財産は破産財団に組み入れられてしまいます。しかし、現金だけは99万円まで自由財産として差し押さえされません。20万円を超える財産は売却、返戻、引き出しなどの手段で現金化することによって、差し押さえを未然に防ぐことが出来ます。現金化して財産を自由財産にする例えば下記の事例では、20万円以上の財産があ...

破産者・Jです。自己破産や債務整理をする人の中には、病的なまでに買い物にのめり込んで返済不能になってしまう人がいます。多額の買い物は浪費になります。浪費は免責不許可事由なので免責調査型の管財事件になってしまいます。ここでは精神科医の診断書を利用して同時廃止にする方法をお伝えします。買い物依存症とは買い物依存症とは精神疾患です。ギャンブル依存やアルコール依存と同じ依存性人格障害の一種です。買い物をし...

破産者・Jです。今回は自己破産の手続きの前後に交通事故に遭ってしまった場合です。交通事故の被害者として損害賠償請求権を破産財団に帰属させない方法をお伝えします。自由財産の拡張を使って破産者の財産を守ります。損害賠償請求権も破産財団に帰属する自己破産では破産開始の決定の時点での財産は全て破産管財人に管理処分権が移行します。(破産法34条1項)そのため、破産手続き前の交通事故による損害賠償請求権も破産...

破産者・Jです。自己破産には一部の職業に制限があります。生命保険の外交員が自己破産する場合、原則的には仕事を辞めなくてはいけません。しかし、自己破産するために仕事を辞めたのでは本末転倒です。生活再建のための債務整理なので、仕事を辞めないで借金問題を解決する方法をお伝えします。保険外交員と保険募集人とは?生命保険会社や損害保険会社には保険の営業をする保険外交員がいます。保険外交員が保険の募集という営...

破産者・Jです。自己破産の手続きの準備をしているときに相続が発生することもあります。相続を放置していると財産は破産財団に組み込まれてしまいます。ここでは相続した財産を破産財団に差し押さえされない方法をお伝えします。相続放棄で差し押さえを防ぐ破産者の財産は破産手続きの開始をもって破産財団に組み入れられます。(破産法34条1項)※破産法34条1項(破産財団の範囲)第34条 破産者が破産手続開始の時にお...

破産者・Jです。私もそうだったのですが、知らないうちに両親が生命保険をかけているケースがあります。子供のころから生命保険をかけているので解約返戻金は大金になりがちです。自己破産では解約返戻金を管財人に差し押さえされる危険性があります。それを防ぐには自己破産の手続前に保険を解約するか、破産管財人と協議する方法があります。契約名義人自己破産の手続きで生命保険が問題になるのは、契約者名義が自分なのか、そ...