任意整理で借金を減額する

任意整理の目次

破産者・Jです。

 

ここでは債務整理の1つの手続きである任意整理について解説します。

 

弁護士に借金解決の相談をすると、まず始めに任意整理を検討されます。
相談者にとって任意整理がもっともダメージが少ない方法だからです。
「自宅や自動車などを失わずに裁判所も利用しない。」
経済的にも心理的にもハードルの低い解決方法となっています。

 

 

下記について、私が自己破産した実体験を踏まえて見解を述べます。

  • 任意整理と他の債務整理は何が違うのか?
  • メリットはあるのか?
  • デメリットやリスクはないのか?
  • 費用はいくらかかるのか?
  • 期間はどれくらいかかるのか?

 

 

目次

  1. 任意整理の手続きの流れと特徴
  2. 任意整理の費用、弁護士費用はいくらなのか?
  3. 任意整理のデメリットはあるのか?メリットと比較する
  4. 任意整理の期間、手続きの期間と返済期間、信用情報登録の期間
  5. 任意整理後に住宅ローンは通るのか?
  6. 特定調停のメリットとデメリット、任意整理での利用法

 

自己破産・百科全書のトップページに戻る


破産者・Jです。手間と時間のかかる裁判所を使わずに自宅・自動車などの財産を失わない債務整理の方法として任意整理があります。任意整理では債権者と交渉して借金を減額できるだけでなく、受任通知を送って借金の取り立てを止めることが出来ます。突然かかってくる電話での督促も止まり、安心して日常生活を送れます。今回は任意整理の手続きの流れと特徴について解説します。任意整理の手続きの流れ弁護士に相談して契約したり...

破産者・Jです。任意整理の弁護士費用は総額で13万円〜50万円程度となっています。この金額は債権者の数と債務総額によって変動します。もちろん分割支払いも可能です。例えば、債権者3社で借金総額200万円の場合、任意整理で100万円の減額に成功すると約22万円の費用がかかります。つまり、残りの借金は122万円で78万円の減額に成功したことになります。任意整理では弁護士費用を支払い終えてから借金の返済を...

破産者・Jです。任意整理の最大のデメリットは借金減額の効果が低いことです。自己破産なら免責で全額免除、個人再生なら1/5まで債務を圧縮できます。任意整理は半額〜1/3程度となっています。任意整理の最大のメリットは自由度が高いことです。友人の借金を優先的に返済したり、保証人に迷惑をかけないことも出来ます。また、裁判所に出頭することもないので、平日に会社を休んで怪しまれることもありません。もちろん、自...

破産者・Jです。任意整理の手続きにかかる期間は3か月から6か月です。任意整理での返済期間は原則36か月(3年)、例外的に60か月(5年)です。任意整理でブラックリストに登録される期間は完済から5年間です。任意整理の手続きの期間任意整理の手続きには3か月から6か月程度の期間が必要です。これは弁護士に相談してから金融業者と和解が成立して、支払い開始になるまでの期間です。1年近くかかる自己破産や個人再生...

破産者・Jです。任意整理をした後に住宅ローンを組むには時間が必要です。8年間経てばブラックリスト登録が解除されるので住宅ローンが組めます。今現在、住宅ローンを利用中の場合は、住宅ローンを任意整理の対象から外すことで自宅を処分せずに済みます。任意整理後の住宅ローン任意整理するとブラックリストに登録されます。指定信用情報機関に「異動」情報が掲載されるので、新しく住宅ローンを組もうとしても審査で落とされ...

破産者・Jです。特定調停の最大のメリットは給料の差し押さえを防げることです。民事執行手続きの停止を使って差し押さえを防ぎます。しかし、デメリットとして特定調停委員に弁護士はいません。過払い金にも対応していません。そこで、特定調停の利用法としては、債務整理全体を弁護士に管理してもらってから強硬な姿勢を見せる債権者とだけ特定調停します。こうすることで特定調停のメリットだけを享受できます。特定調停とは特...