自己破産の費用はいくらか?弁護士費用を検討する

自己破産の弁護士費用の最安値は19.6万円!実費と管財費用は別途

破産者・Jです。

 

自己破産費用は総額で20万円〜60万円程度となっています。
費用の内訳は弁護士費用と管財費用、実費になります。

 

自己破産には同時廃止と管財事件があります。
管財事件では管財費用で20万円ほど高額になります。

 

自己破産で弁護士に相談すると、まず借金の返済を停止します。
借金を支払わないので、その分のお金が浮きます。
その浮いたお金で弁護士費用を支払っていきます。
もちろん分割払いも可能になっているので手持ちが少なくても依頼可能です。

 

このように弁護士費用の支払いと
借金の返済を同時にする必要はありません。
そのため、生活を圧迫しないで借金問題を解決できます。

 

今回は、3つの弁護士事務所の自己破産の報酬表から
同時廃止と管財事件の費用を計算します。
弁護士事務所によって料金に差があるので注意が必要です。

 

 

自己破産での弁護士費用の詳細

弁護士に自己破産を依頼すると様々な費用がかかります。

 

まず、弁護士に依頼する費用として着手金と成功報酬があります。
着手金は弁護士が依頼に着手するためにかかる費用です。
成功報酬(報酬金)は免責許可が下りると発生します。
1度目の自己破産はほぼ確実に免責になるので成功報酬も必須となります。
相談料は多くの事務所で無料となっています。

 

次に管財費用です。
自己破産には同時廃止と管財事件があります。
同時廃止では特に費用はかかりません。
しかし、管財事件では破産管財人に支払う管財人報酬がかかります。

 

最後に実費です。
実費には裁判所に支払う申立手数料や官報公告費があります。

 

相談料 弁護士に相談するための費用、無料の弁護士が多い
着手金 弁護士が自己破産に着手するためにかかる費用
報酬金、または成功報酬 免責許可が下りたら「成功」扱いになり支払う費用
管財費用 破産管財人に対する費用です。管財人報酬ともいいます。
実費 裁判所に支払う申立手数料、官報公告費用など

 

 

自己破産の弁護士費用の具体例

自己破産の弁護士費用を
実際の弁護士事務所の報酬表から計算します。

 

ここでは、3つの法律事務所の料金を比較します。
また、同時廃止と管財事件の費用を計算します。

 

弁護士法人・サルート法律事務所

相談料 無料
着手金と報酬金 50万円〜
合計 50万円〜

着手金と報酬金(成功報酬)の合計金額となります。
同時廃止と管財事件の区別はありません。
初期費用0円、分割払い可能。
税抜き表示です。
⇒ 弁護士法人サルート

 

ふづき法律事務所

  同時廃止 管財事件
相談料 無料 無料
着手金 30万円 40万円
報酬金・成功報酬 20万円 20万円
管財費用 不要 20万円
実費 不要(事務所負担) 不要(事務所負担)
合計 50万円 80万円

実費は弁護士費用に含みます。(事務所負担)
初期費用0円、分割払い可能。
税抜き表示です。
⇒ ふづき法律事務所

 

弁護士法人・東京スカイ法律事務所

  同時廃止 管財事件
相談料 無料 無料
着手金 9.8万円 9.8万円
報酬金・成功報酬 9.8万円 9.8万円
管財費用 不要 20万円
実費 1.4万円程度 1.4万円程度
合計 21万円 41万円

弁護士費用は最安値の19.6万円となっています。
同時廃止でも管財事件でも弁護士費用は同一です。
初期費用0円、分割払い可能です。
税抜き表示となります。
⇒ 東京スカイ法律事務所

 

 

弁護士費用の支払いと借金の返済の時期

弁護士費用と借金の返済の時期が重なることはありません。
弁護士に相談した時点で「支払い停止」にするので、
借金の返済はする必要がなくなります。

 

そのため、弁護士費用と借金の返済が重なって、
生活が圧迫されることはありません。

 

また、弁護士費用は分割払い出来ます。
初期費用0円で申し込み可能です。
今、手持ちが少なくても弁護士に依頼して借金地獄から脱出できます。

 

 

⇒ 自己破産の目次へ戻る

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 「街角相談所-法律-」無料シミュレーター