個人再生で自宅を守る、住宅ローンと債務整理

個人再生の目次・住宅ローンの返済中でも自宅を守る

破産者・Jです。

 

債務整理の手続きとして、平成12年から使えるようになった個人再生について解説します。

 

個人再生の良さは何と言っても自宅を守れることです。
住宅ローンを抱えていても自宅に住み続けられるので、
引っ越しをして人間関係が破壊されることがありません。

 

自分だけでなく子供の人間関係も大切に出来るので、
近年では申し立て人数が増えてきています。

 

 

目次

  1. 個人再生のメリットと利用条件、自宅だけは守れる
  2. 個人再生の費用はいくら?弁護士費用の相場と実例
  3. 個人再生の手続きの流れ、申し立てから認可の期間は?
  4. 個人再生の必要書類と書類申請でバレない方法
  5. 個人再生で車を残す方法、名義変更で引き上げを防止
  6. 個人再生のデメリット、官報に掲載、保証人に影響

 

自己破産・百科全書のトップページに戻る

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 街角法律相談所・無料シミュレーター

破産者・Jです。債務整理の中で、ややマイナーな手段として個人再生という方法があります。この手続は、なんといっても自宅を守れる、というメリットがあります。自己破産では自宅を失ってしまうので嫌だ!という人にはもってこいの手続きとなっています。今回は、個人再生の特徴とメリット、利用条件を解説します。個人再生とは個人再生とは債務整理手続きの1つで裁判所を利用します。民事再生法には、「小規模個人再生及び給与...

破産者・Jです。個人再生の弁護士費用は50〜70万円程度です。裁判所に支払う実費は2万5,000円程度となっています。今回は個人再生の弁護士費用の相場を見ながら、弁護士事務所ごとの料金の実例を解説していきます。なお、弁護士費用は分割払いに出来ます。(一部後払いも可能)その他、裁判所にかかる実費、司法書士の費用、法テラスの費用立て替えについても解説します。個人再生の弁護士費用の相場個人再生の費用の目...

破産者・Jです。個人再生の手続きの流れの要点は、再生計画を裁判所に認めてもらうために個人再生委員や債権者の同意を得ることです。そのために利害間関係者との複雑なやり取りが発生しますが、実際は弁護士が全て代理となって行動します。必要な書類を弁護士に指示されるので、書類を集めて提出するだけで構いません。東京地裁では個人再生委員との面談の必要があります。裁判官の審尋がある場合は裁判所に出頭する必要がありま...

破産者・Jです。個人再生の必要書類は2種類あります。1つ目は裁判所に申し立てをするために弁護士が作成する書類です。2つ目は申立書を作るための「資料となる書類」です。この2つ目の資料となる書類には、依頼人が自力で集めてくる書類があります。今回は自力で集める書類について解説します。書類の申請には「理由」が求められます。住民票の申請でも理由を書く欄があります。書類申請で怪しまれないコツは「もっともらしい...

破産者・Jです。個人再生の申立をするとローンを組んでいる車はローン会社に引き渡します。引き揚げられる原因は担保権が設定されているからです。そのため、担保権を外すことによって自動車の引き揚げを防止できます。個人再生では自己破産と違って財産の換価処分はないため、戦略的に資産の保全ができます。車の所有権はローン会社にあるローンを組んでいる自動車には通常、所有権留保の特約があります。つまり、代金が完済され...

破産者・Jです。個人再生のデメリットは主に5つあります。官報公告で債務整理がバレる可能性裁判所によって不公平な運用保証人の支払い義務が発生信用情報機関にブラックリスト登録財産制限(清算価値保障の原則)ここでは、デメリットの解説と対処方法をお伝えします。官報公告個人再生をすると官報に掲載されます。官報とは国の広報誌のことで法律の改正や地価公示、人事異動などの情報が掲載されます。官報に掲載されることを...