借金が返せない、誰にも相談できない

借金が返せない、借金問題を放置するリスクとデメリット・ベストな解決策

破産者・Jです。

 

「借金が増え過ぎてヤバイ」
「月々の返済額が多すぎる」
「どこにいくら借りたのか分からない」
「もう借金は返せない・・・」

 

などと思ったことはありませんか?

 

借金が返せなくてツラい経験は私にもあります。
毎月の支払いも減っていく貯金残高も
何もかも見て見ぬふりをして逃げ出したい!
と毎日思っていたくらいです。

 

しかし、借金を支払わずに放置すると余計に酷いことになります。
ここでは、まず借金問題を放置するリスクデメリットについて解説します。
そして「返したいけど返すお金はない・・・」「どうしたらいいのか分からない」
という悩みをどう解決するのか?ベストな解決策をお伝えします。

 

 

借金を放置するリスクとデメリット

借金を払わないで放置したらどうなるか?

 

電話

まず、銀行や消費者金融のような債権者は電話をかけてきます。
「支払日が過ぎてますが、支払いをお忘れでしょうか?」
このように、まるで心配しているかのように、とても優しいです。

 

実際問題、振込を忘れる人はいます。
銀行口座に引き落とし用の現金を預け忘れる人もいます。
そのため、最初はとても優しいです。
まだまだ完全にお客様に対する対応です。

 

しかし、支払いが出来ない、お金がないことを伝えると態度が変わってきます。
「いつまでに支払うんだ!説明しろ!」と怒鳴る人もいます
(オ○○○ス銀行の実話です)

 

ここで督促の電話を無視するのは止めたほうがいいです。
連絡がつかなくなるのは非常にまずいです。
逃げるつもりで借りたと思われかねません。
つまり騙したことになる可能性がある、ということです。
これだけで破産詐欺罪になるとは言えませんが、
もし裁判になったら裁判官の心証は確実に悪くなります

 

ちなみに督促の電話は家の固定電話ではなく、
自分の携帯電話やスマホにかけてもらうことが可能です。
督促電話で家族にバレる心配はありません

 

郵便

督促の郵便も届きます。
郵便の表書きには「重要なお知らせ」といった文言があります。
デカデカと「督促」とは書かれないので家族にバレる可能性は低いです。
内容は支払いのお願いと支払い期日と金額などになっています。

 

自宅訪問

電話を無視していると自宅訪問される可能性があります。
貸金業規制法によると午前8時から午後9時まで、
督促のために自宅に訪問しても構わないことになっています。
自宅まで来られると家族にバレてしまいます。

 

差し押さえ

給料がある場合は給料差し押さえのリスクがあります。
月収の25%まで差し押さえされてしまいます。
月収30万円なら7.5万円ほど差し押さえられるので残り22.5万円になります。
正確には給料から法定控除分を除いた金額の1/4まで差し押さえ可能です。
法定控除とは税金や社会保険料のことです。

 

まとめ

このように借金が返せないからといって、無視や放置をしていると、
家族にバレる』『差し押さえ』という2つのリスクとデメリットがあります。

 

この2つのリスクとデメリットを解決するために、
完全匿名無料相談することが出来ます。
⇒ 全国から弁護士・司法書士を探す。
住所不要で仮名でもOKなので誰にもバレません。

 

 

一般的な業者の行動パターンの例

下記の1〜6は銀行や消費者金融のよくある行動パターンです。
どの債権者もほとんど同じ行動パターンで督促を行います。
貸金業規制法によって債務者に対する行動は厳しく制限されているためです。

 

  1. 支払督促の電話をかけてくる。あくまで入金の「お願い」、まだお願いをしてくる段階。金利だけでも入金を迫る業者もいる。(時効の中断を狙っている)
  2. 郵便で督促状を送ってくる。(簡易書留になっていて裁判の証拠にもなる)
  3. 自宅に訪問してくる。取り立てではなく資金計画のご相談という形、あくまで債務者に決めさせたい。言質を取って行動を促したり後日の裁判で有利にするため。
  4. 支払いの延滞が何度も続くと規定により期限の利益を失う。そして一括弁済を求めてくる。
  5. 裁判所を通じて支払督促を送ってくる(放置すると裁判で敗訴したことと同じ状況になってしまう。)
  6. それでも支払わないと強制執行され給料・車・住宅などを差し押さえされてしまう。

 

このように借金問題を放置すると最終的には財産を失い、
督促と強制執行の過程で家族や会社にバレてしまいます。

 

 

具体的な解決策

このように借金問題の放置は不幸を招きます
では、どうしたらいいのか?

 

借金していることも、借金が返せないことも秘密にしたい。
家族にバレたくない。

 

秘密を厳守してくれる人に相談すること、
それも借金問題の専門家に相談することがベストな解決策です。

 

借金問題、つまり債務整理の専門家は弁護士・司法書士です。
ご存知とは思いますが、弁護士は法定代理人として自己破産や個人再生の代行をします。
また任意整理といって裁判所を通さずに依頼人の代理として銀行や消費者金融と交渉してくれます。

 

弁護士はあなたの状況に応じて債務整理の3種類の方法からベストな解決策を提示してくれます。
まずは相談して今の状況を説明することをオススメします。
相談は無料で行っていることが多いので損はしません。

 

また相談したからといって絶対に依頼しなければいけない、などということもありません。
ただし本気で解決したい人だけ相談したほうがいいです。
弁護士も本気で仕事をしているので冷やかしは困ります。

 

そして弁護士は依頼人の秘密を守る義務があるので、
借金問題が家族にバレる心配はありません
なお弁護士費用の分割払いが可能であったり着手金が0円の弁護士もいます。

 

相談の注意点

債務整理の注意点として弁護士が受任できない案件があります。

  • 友人・知人などの個人間の借金整理
  • 税金の滞納による差し押さえ
  • すでに他の事務所に依頼中の案件
  • 本人以外からの相談(本人確認が取れない)

通常は銀行や消費者金融からの借金なので、
ほとんどのケースで受任していただけます。

 

この法律相談所は全国対応でいろいろな弁護士を比較検討できるのでオススメします。
⇒ 「街角相談所-法律-」

 

 

他の解決策は危険

借金問題は債務整理するのがベストです。
念のため他の方法が危険な理由を解説します。

 

踏み倒し

借金の踏み倒しを狙って時効まで逃げ切る、という方法があります。
いわゆる時効の援用を狙って商事債権の時効である5年間逃げ回ることです。

 

はっきり言って、まったくオススメできません。
時効は中断されるからです。
相手もお金を貸すプロなので踏み倒し対策は完璧です。
そこまで甘くありません。

 

債務の一本化

債務の一本化とは借り換えやおまとめローンのことです。
多重債務に陥った場合、複数の借金を1つの金融機関でまとめることが出来ます。
借り先が1つになるので月々の支払金額は減ることが多いです。
ただし金利は減らないケースが多いので債務総額は多いままです。

 

任意整理なら金利が0になることが多いので借金総額を圧縮できます。
利息0円なので月々の支払い額も少ないです。

 

おまとめローンと任意整理を比較します。

おまとめローンで500万円借りて金利10%で10年で返済の例・元利均等返済

返済回数(年数) 返済総額 元金 利息
120回(10年) 7,928,973 5,000,000円 2,928,973円
月々の返済例 返済額 元金 利息
1か月分 66,075 24,409円 41,666円

返済総額が800万円近い。
月々の返済額が6万円を超えている。月収30万円なら1/5を返済に回していることになる。
利息で約300万円も余計に払っている。

 

500万円の借金を任意整理で金利0%にした場合(10年で返済)

返済回数(年数) 返済総額 元金 利息
120回(10年) 5,000,000円 5,000,000円 0円
月々の返済例 返済額 元金 利息
1か月分 41,666円 41,666円 0円

月々の返済は約4万円
利息は0円で返済総額も800万円から元金の500万円に300万円圧縮している。
利息制限法による引き直し計算によって、さらに借金総額が減る可能性がある。
また、過払い金を取り戻せることがある。

 

まずは全国の法律事務所から任意整理できる事務所を探すことをオススメします。
⇒ 相談無料・全国対応の「街角相談所-法律-」

 

 

取り立てだけでも止める

さて、借金の支払いを放置して一番キツいのは、
なんといっても督促電話です。
不意打ちのように突然かかってくる電話はまさに攻撃と言っていいでしょう。

 

毎日のように取り立ての電話がかかってくると本当に気が滅入ります。
早く普通の生活に戻りたいと思います。

 

ここで弁護士が介入すれば取り立てを止められます。
もう督促電話に怯えなくても大丈夫なのです。
そのため、まずは弁護士に相談して受任通知を送ってもらうことが大切です。

 

※受任通知とは
弁護士・司法書士が債務者からの依頼を受けたことを債権者に伝えること。
貸金業規制法によると銀行や消費者金融は受任通知を受けとったら
債務者に直接取り立てをすることが出来ない。

 

 

借金の解決方法の目次へ

 

借金が返せない、放置するとどうなるのか?相談 ⇒サーチコンソールから選んだタイトル

 

借金 返せない ペナルティやデメリットがあるのでは?
どうしたらいいのか?解決策・方法を知りたい
返せないとどうなるか?リスクとか流れ

 

 

借金が返せないリスクとデメリット

 

放置するとどうなる? 滞納
強制執行までの流れ 支払い催促 催告状 差し押さえ 期限の利益の喪失
会社バレ、給料差し押さえ

 

時効成立は難しい 時効は5年だけど裁判されると10年に
おまとめローン(一本化) 多重債務なら 自転車操業、借り入れを返済に回す、それを繰り返すと多重債務

 

法的な解決・債務整理
過払金の計算
任意整理
特定調停
個人再生
自己破産
法律家への相談 無料 メリット アドバイス 匿名
法律家への依頼 メリット 督促・取り立てが止まる 交渉代行 書類作成代行
費用 法テラス 分割
※ヤミ金融に借りている場合

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 「街角相談所-法律-」無料シミュレーター