借金が返せない、放置したらどうなる?会社・家族にバレる?

「借金を返せない」と思ったら弁護士に相談して督促を止めてもらう、借金の返済も停止にする。

破産者・Jです。

 

  • 借金総額880万円
  • 8社から借り入れ
  • 自転車操業
  • 多重債務

これが「借金返せない」と思ったときの私の状態でした。

 

借金を返せなくて借りてまで返していました。
それが当然だと思っていました。

 

借金を返せなくてお金を借りることよりも
借りたお金を返せないことのほうが悪いことだと思っていました。

 

だから返すために借りて自転車操業になったわけです。
しかも色々な業者から借りてるので多重債務者です。

 

 

しかし、突然どこからも借りられなくなりました。
8社から880万円も借りていたから
もう貸してくれる銀行もサラ金もいなくなったのです。

 

  • 借金のことは秘密にしたい
  • 返せないこともバレたくない

 

銀行やクレカ会社がどうするのかも分からなかったし、
黙って延滞したらどうなるのか分からなかった・・・

 

相手の行動が分からないし、
お金を返せなくて悪いのは自分。

 

しかし、誰にも相談できない。
もう借りたお金で返済することも出来ない。

 

「自己破産しかないのか・・・」

 

 

意を決して弁護士にメールで相談してみました。
相談は無料で出来ました。

 

弁護士には自己破産を勧められました。

 

しかし、自己破産だけはしたくないと思いました。

 

「個人再生というのはどうですか?」
「特定調停?というのがあるらしいですが、
破産しなくてもどうにかならないのですか?」
などと自己破産を避けようと必死になっていました。

 

  • 自己破産は全てを失う
  • 自己破産はヒドイことになる

そう思っていたからです。

 

それだけではありません。

 

  • 自己破産したら自分を許せなくなる。
  • プライドが傷つく。
  • 自己破産するほど情けない状態だと自分から認めることになる。

 

自己破産を避けようとするのは
破産とは自尊心の問題だからです。

 

 

  • 自己破産なら免責になる
  • 借金の返済義務がなくなる

自己破産のメリットは他の債務整理にはない
債務の完全免除」があります。

 

弁護士先生の説明によると
「財産がないなら破産一択」
だそうです。

 

理屈は分かったものの
割り切れないものはありました。

 

「借金を帳消しにして人生やり直したらいいでしょう」
「今までのことより破産した後のほうが重要ですよ」
弁護士のアドバイスは的確でした。

 

  • このまま何も手を打たなければ、家にまで取り立てに来るだろう。
  • そのうち裁判を起こされて家族にバレるだろう。

色々考えたものの、とうとう観念して
自己破産をお願いしました。

 

弁護士から受任通知を債権者に送ってもらうと
すぐに督促が止まりました。

 

借金の返済も止めたので、
月末に資金繰りに苦しむこともなくなりました。

 

 

もっと早く弁護士に相談していればよかった。
こんなに楽になるなんて考えられなかった・・・

 

 

私は自己破産でしたが任意整理個人再生という方法もあります。

 

どの方法を選んでも借金の返済を止められます。
督促も止まります。
もちろん家族や会社にもバレません。

 

 

借金を返せないリスクとデメリット

「借金を返せないとどうなるのか?」
これが分からないと不安になります。

 

借金を返さなかった場合のペナルティやデメリットは以下の5つになります。

  • 裁判になる
  • 差し押さえされる
  • 会社にバレる、解雇される
  • 家族にバレる
  • お金を借りられなくなる

 

一つ一つ見ていきます。

 

裁判になる

借金の返済を滞納した場合、
債権者は給料を差し押さえるために裁判を起こします。

 

債権者は裁判での判決を債務名義として給料債権を差し押さえます。
債務名義とは強制執行を公式に許可した文書のことです。

 

この裁判のために裁判所に出頭する義務があります。
裁判は平日昼間に行われるので会社を休む必要があります。
また、弁護士を雇う必要もあります。

 

差し押さえ

給料がある場合は給料差し押さえのリスクがあります。

 

月収の25%まで差し押さえされてしまいます。

 

例えば、月収30万円なら7.5万円ほど差し押さえられるので、
残金は22.5万円になります。

 

正確には給料から法定控除分を除いた金額の1/4まで差し押さえ可能です。
法定控除とは税金や社会保険料のことです。

 

給料差し押さえを受けると使えるお金が減ります。
そのため返済能力が下がるので債務整理が難しくなってしまいます。

 

特に任意整理では毎月の返済額が減るので
任意整理に応じない金融業者が現れます。

 

また、差し押さえは会社に直接通知されるので
会社に居づらくなります。

 

会社にバレる、解雇される

給料の差し押さえ通知によって解雇されることがあります。
また、退職勧告されることもあります。

 

こうした解雇は違法です。

 

解雇されてしまった場合は不法行為なので損害賠償請求をすることが出来ます。
解雇の撤回を求めて社員としての地位確認訴訟を起こすことも出来ます。

 

これらは事後的な救済策であり完全に元には戻りません。

 

場合によっては回復不可能なダメージが残ります。
そのため、借金を返せないと思った時点で専門家に相談することをオススメします。

 

家族にバレる

裁判所から郵便物が届くと家族にバレやすくなります。

 

貸金訴訟を起こされると裁判所から自宅に特別送達が届きます。
この特別送達は裁判の呼出状になっています。

 

「裁判所」「特別送達」と赤字で書かれているので目立ちます。
局留めにすることも出来ません。
そのため、同居の家族に非常にバレやすくなっています。

 

また、差し押さえが給料だけでなく動産や不動産に及んでしまうと
家族に隠すことは難しくなります。

 

不動産を競売にかけられたり自動車に引き揚げがあると
実際に物がなくなるので借金を秘密にするのは不可能です。

 

お金を借りられなくなる

ブラックリストに登録されるので借金出来なくなります。

 

滞納から差し押さえになる過程で
指定信用情報機関ブラックリストに登録されます。

 

ブラックリストに登録されると、

  • クレジットカードが作れない
  • 今持っているクレジットカードが更新できない
  • キャッシングできなくなる
  • 分割払いが出来なくなる
  • リボ払いが出来なくなる
  • カードローンが使えない

というデメリットがあります。

 

そのため、新しくお金を借りることが出来なくなります。
特に無担保で資金使途が自由なローンを組むことは難しくなります。

 

まとめ

このように借金が返せないからといって、無視や放置をしていると、

  • 裁判になる
  • 差し押さえされる
  • 会社にバレる、解雇される
  • 家族にバレる
  • お金を借りられなくなる

という5つのリスクとデメリットがあります。

 

 

債権回収の流れ、債権者の行動

借金の返済を滞納したときに
金融業者がどのような行動を取るのかを解説します。

 

債権回収の手段は給料の差し押さえになります。

 

お金を借りるときに勤務先や年収を申し込み書に記入したはずです。
確定申告の控えや給料明細で年収証明をしたのは
確実に給料を差し押さえして債権を回収するためです。

 

では、どのように給料の差押をするのか、
債権者の行動パターンを見ていきます。

 

一般的な業者の行動パターン

下記の1〜5が銀行や消費者金融の債権回収の方法です。

 

どの債権者もほとんど同じ行動パターンで督促を行います。
貸金業法によって債務者に対する行動は厳しく制限されているためです。

 

  1. 督促
  2. 電話や郵便で入金のお願いをしてくる。

  3. 催告書
  4. 支払いの延滞が何度も続くと規定により期限の利益を失う。
    そして一括弁済を求めてくる。

  5. 支払督促
  6. 裁判所を通じて支払督促を送ってくる。
    異議の申立てをしないと差押を受ける。

  7. 訴訟
  8. 異議の申立てをすると貸金訴訟を起こされる。

  9. 敗訴・差押
  10. 敗訴すると強制執行され給料・車・住宅などを差し押さえされてしまう。

 

督促

督促とは返済の「お願い」のことです。

 

裁判所を通じた強制力を持った行為ではなく
任意での「返済のお願い」になります。

 

いわゆる督促状とは「お手紙」であり入金を促しているだけです。

 

金利だけでも入金を迫る業者もいます。
入金が債務の承認という時効の中断効果があるからです。

 

また、督促の方法は電話と郵便がメインですが、
まれに自宅に訪問してくることもあります。

 

その場合は取り立てではなく資金計画のご相談という形をとります。
債務者自らが返済計画を立てた場合、
後日の裁判で債権者側に有利な証拠となります。

 

※督促は後述の支払督促とは異なります。

 

督促電話

まず、銀行や消費者金融のような金融業者は督促電話をかけてきます。
「支払日が過ぎてますが、支払いをお忘れでしょうか?」
このように、まるで心配しているかのように、とても優しいです。

 

実際問題、振込を忘れる人はいます。
銀行口座に引き落とし用の現金を預け忘れる人もいます。
そのため、最初はとても優しく対応します。
まだまだ完全にお客様に対する対応です。

 

しかし、支払いが出来ない、お金がないことを伝えると態度が変わってきます。
「いつまでに支払うんだ!説明しろ!」と怒鳴る人もいます。
(オ○○○ス銀行の実話です)

 

ここで督促の電話を無視するのは止めたほうがいいです。

 

連絡がつかなくなるのは非常にまずいです。
逃げるつもりで借りたと思われかねません。

 

つまり騙したことになる可能性がある、ということです。

 

これだけで破産詐欺罪になるとは言えませんが、
もし裁判になったら裁判官の心証は確実に悪くなります。

 

ちなみに督促の電話は家の固定電話ではなく、
自分の携帯電話やスマホにかけてもらうことが可能です。

 

このため督促電話で家族にバレる心配はありません。

 

郵便

督促の郵便も届きます。

 

郵便の表書きには「重要なお知らせ」といった文言があります。
デカデカと「督促」とは書かれないので家族にバレる可能性は低いです。
内容は支払いのお願いと支払い期日と金額などになっています。

 

自宅訪問

電話を無視していると自宅訪問される可能性があります。

 

貸金業法によると午前8時から午後9時まで、
督促のために自宅に訪問しても構わないことになっています。

 

自宅まで来られると家族にバレてしまいます。

 

催告書

催告書とは指定の期日までに返済しないと
法的手段を取るという最後通告のことです。

 

法的手段とは訴訟や差し押さえのことです。

 

借金の返済は元本を分割払いするものですが、
延滞が何度も続くと規約により期限の利益を失います。

 

期限の利益とは分割払いをする権利のことです。
分割払いが出来なくなったので一括弁済を求められます。

 

この一括払いが出来ないと法的手段を取られます。

 

支払督促

支払督促とは裁判所から発行される債務者への督促の通知です。

 

支払督促に異議を申し立てると訴訟に移行します。
放置したり異議を申し立てないと支払督促の内容を
認めたことになり差し押さえされます。

 

支払督促を送って債務者から反応がなければ
仮執行宣言付支払督促を送ってきます。

 

「仮執行宣言」が付いた支払督促の場合、
異議の申立てをしても強制執行を止めることが出来ません。

 

※支払督促は前述の督促とは異なります。

 

訴訟

それでも支払わないと貸金訴訟を起こされます。

 

裁判所から特別送達が届きます。
この特別送達は裁判の呼出状になっています。

 

呼出状を放置したり無視すると欠席裁判になるので敗訴します。
裁判では欠席すると相手の言い分が認められることになっているからです。

 

そのため、裁判に出席するか答弁書を送付するなどの対応が必要になってきます。
この訴訟対応は弁護士に相談することを強くオススメします。

 

敗訴・差押

訴訟に敗訴すると強制執行されます。

 

強制執行されると給料が差し押さえされてしまいます。
差押通知は会社に直接いきます。
そのため、会社にバレてしまいます。

 

ちなみに自動車や自宅などの資産も差押の対象となります。

 

公正証書

今では珍しくなりましたが公正証書というのもあります。

 

公正証書とは裁判なしでも差押が可能になる文書です。
ここまでの債権回収の流れを無視して滞納後にいきなり差押が可能です。

 

これは公正証書を作るときに債権者と債務者の双方が合意しているからためです。
この合意を「強制執行認諾条項」といいます。

 

この条項があると裁判なしで差押ができてしまいます。

 

強制執行までの流れ、債権者の行動のまとめ

このように借金問題を放置すると最終的には財産を失い、
督促と強制執行の過程で家族や会社にバレてしまいます。

 

  1. 返済を滞納すると督促
  2. 任意での「返済のお願い」、返済しないと催告へ移行

  3. 催告書による最後通告
  4. 返済すると時効の中断、催告を無視すると支払督促へ移行

  5. 支払督促
  6. 異議がなければ給料差押、異議があれば訴訟へ移行

  7. 貸金訴訟
  8. 自宅に特別送達が届く、無視すると敗訴

  9. 敗訴すると差押
  10. 給料の差押は「会社へ直接連絡が行く」

 

 

法的な解決・債務整理

このように借金問題の放置は不幸を招きます。

 

では、どうしたら問題を解決できるのか?

 

しかも、

  • 借金していることを内緒にしたい
  • 借金が返せないことを秘密にしたい
  • 家族にバレたくない

という条件を満たした上で問題を解決する必要があります。

 

そのためには秘密を厳守してくれる人に相談することです。
それも借金問題の専門家に相談することがベストな解決策です。

 

借金問題、つまり債務整理の専門家は弁護士・司法書士です。

 

ご存知とは思いますが、弁護士は法廷代理人として
自己破産個人再生の代行をします。

 

また任意整理といって裁判所を通さずに
依頼人の代理として銀行や消費者金融と交渉してくれます。

 

 

弁護士はあなたの状況に応じて債務整理の3種類の方法から
ベストな解決策を提示してくれます。

 

まずは相談して今の状況を説明することをオススメします。
相談は無料で行っているので損することはありません。

 

また、相談したからといって絶対に依頼しなければいけない、
ということもありません。

 

ただし本気で解決したい人だけ相談したほうがいいです。
弁護士も本気で仕事をしているので冷やかしは困ります。

 

 

弁護士は依頼人の秘密を守る義務があるので、
借金問題が家族にバレる心配はありません。

 

なお、弁護士費用は分割払いが可能です。
また着手金が0円の弁護士もいます。

 

今すぐ借金問題を解決するには無料で弁護士を探すことをオススメします。
⇒ 「街角相談所-法律-」で全国から弁護士を探す

 

過払い金の請求

債務整理を依頼された弁護士は過払い金の請求もします。

 

過払い金とは消費者金融やサラ金に払いすぎた利息のことです。
この払いすぎた利息を取り戻すことを過払い金の請求といいます。

 

本来であれば利息制限法の年率10-18%が正しい利息です。
しかし、金融業者は出資法の上限である年率29.2%の利息を取っていました。
この間の金利をグレーゾーン金利と呼んでいます。

 

グレーゾーン金利
このグレーゾーン金利は過払い金の請求をすることで取り戻せます。

 

債務整理を依頼すると弁護士は
金融業者から取引履歴を取り寄せます。

 

取引履歴を利息制限法で計算し直します。
これを引き直し計算といいます。

 

この計算で過払い金が判明すると
相手方に請求して払いすぎた利息を取り戻します。

 

任意整理

任意整理とは債務整理の一つの方法です。

 

裁判所は通しません。
債権者と話し合いをして借金を支払い可能な金額に減額します。

 

まず、引き直し計算で減額した借金から利息をカットします。
次に遅延損害金も減額します。
支払期間は通常3年から5年間になります。

 

このように毎月の負担を減らして返済できるように債権者と交渉します。

 

ただし、任意整理中でも債権者側からの訴訟や督促は可能です。
そのため、訴訟対応をしたり特定調停を利用する必要があります。

 

特定調停

任意整理が難航すると給料の差し押さえをされることがあります。

 

そこで特定調停を使って給料差し押さえを防ぎます。

 

特定調停では裁判所で調停委員が間に入って
債権者と債務者の調整をするという特徴があります。

 

この調停には強制執行を停止できるメリットがあります。
そのため、給料の差し押さえという執行手続をされた場合、
特定調停で対処することがあります。

 

個人再生

個人再生は裁判所を通す債務整理です。

 

個人再生では借金を1/5まで圧縮できます。
支払いは3年間の分割払いで特別な事情があれば5年間に延長可能です。

 

個人再生では住宅ローンを組んでいる自宅を守れる制度があります。
これを住宅資金特別条項といいいます。(住宅ローン特別条項)

 

自宅を失わずに、それ以外の借金を整理できるので
どうしても自宅を守りたい人には向いています。

 

強制執行は中止されるので金融業者の債権回収を気にする必要はありません。
給料の差し押さえはされないので安心できます。

 

自己破産

自己破産では全ての借金が帳消しになります。
裁判所で免責許可が下りると債務の返済が不要となります。

 

借金を一切支払わなくて良いのでメリットは最も大きくなります。

 

債務整理では最初に任意整理を検討しますが、
返済不可能な場合は自己破産となります。

 

自己破産の申し立てをすると貸金訴訟は中断になります。
また、強制執行は失効します。

 

そのため、給料の差し押さえの心配はなくなります。

 

法的な解決・債務整理のまとめ

このように債務整理の方法は3種類あります。

  • 任意整理
  • 債権者との任意の話し合いで利息や遅延損害金をカットして借金を減額する。

  • 個人再生
  • 裁判所に申し立てて債務額を1/5に圧縮する。
    住宅ローンを組んでいる自宅を守れる。

  • 自己破産
  • 裁判所に申し立てて借金を帳消しにする。

また、任意整理が難航した場合に特定調停を利用することがあります。

 

この債務整理の方法から自分に向いているものを選んでいきます。
弁護士に相談すると状況に応じてベストな解決策を提示してくれます。
⇒ 「街角相談所-法律-」で全国から弁護士を探す

 

 

債務整理を弁護士に相談する

弁護士への相談は無料で出来ます。
しかも匿名でも大丈夫です。

 

あなたの今の状況から最適な債務整理方法を教えてくれることがメリットです。
また、不安に思うことにもアドバイスしてくれます。

 

債務整理の相談は無料で出来る

弁護士への相談は無料で出来ます。
ほとんどの弁護士は初回相談30分に限って
無料で相談に応じます。

 

債務整理を弁護士に相談するメリット

自分に向いている債務整理の方法を教えてくれます。

 

債務整理の方法は大きく分けて3種類あります。
自己破産、個人再生、任意整理の3種類です。
どれも一長一短があるので向き不向きの判断は大切です。

 

また、債務整理の見込みについても教えてもらえます。

  • 自己破産ではあれば免責が許可されるのか?
  • 個人再生では再生計画は認可されるのか?
  • 任意整理では利息と遅延損害金がカットされると

    毎月の支払いはいくらになるのか?

成功の見込みは今後の生活に直結するので重要です。

 

弁護士に債務整理の相談をするとアドバイスが受けられる

借金が返せない、と思ったときに不安になったことがあると思います。

  • 今後の流れはどうなるのか?
  • 債権者はどういう行動を取るのか?
  • 返済はするのか?しなくていいのか?
  • 督促は止まるのか?
  • 債務整理の手続きが終わるのはいつなのか?

このような質問に真摯に答えてくれます。

 

不安に思うことは無料相談で弁護士に質問することをオススメします。

 

弁護士への債務整理の相談は匿名で出来る

ウェブ上の相談でしたら匿名で出来ます。
例えば、「街角相談所-法律-」では匿名で相談できます。

 

このサイトでは3つの質問に答えるだけで借金減額の可能性を教えてくれます。
また、無料で全国からオススメの弁護士を紹介してくれます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

 

債務整理を弁護士に依頼する

債務整理を弁護士に依頼すると以下のメリットがあります。

  • 督促、取り立てが止まる
  • 借金を返済停止に出来る
  • 債権者との交渉を代行してもらえる
  • 書類作成を代行してもらえる
  • 訴訟の代理人になってもらえる

 

督促・取り立てが止まる

債権者からの督促(取り立て)が止まります。(貸金業法21条1項9号)

 

※貸金業法21条1項9号

(取立て行為の規制)
第21条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。
九  債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法 人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。

 

弁護士に依頼すると弁護士があなたの代理人になります。
弁護士があなたの代わりに債権者から督促を受けます。

 

そのため、あなたへの督促は止まります。

 

借金の返済停止

弁護士に債務整理を依頼すると借金の返済を一旦停止にします。
借金の支払いはなくなります。

 

どの債務整理の方法を選んでも
現在の借金の支払いは止めます。

 

任意整理の場合は債務整理の結果が出てから
新しい支払い金額と返済方法、返済期間で返済を再開します。

 

個人再生の場合は再生計画が認可されてから
計画に従って返済を再開します。

 

自己破産の場合は免責が許可されと返済義務が消滅します。

 

交渉代行

債権者との交渉も弁護士が代理で行ってくれます。
自己破産や個人再生では法廷代理人になります。

 

百戦錬磨の債権者との交渉を代行してくれるので
心強い味方となります。

 

金融業者には各社に特徴や落とし所があります。

  • 訴訟をすぐに起こすのか?
  • 任意整理に応じないのか?
  • 再生計画に反対してくるのか?

こういった「金融業者の方針」の情報は表には中々出てきません。

 

また、交渉には長年の経験が物を言うケースが多々あります。
そのため、弁護士に交渉を代行してもらうことは多大なメリットがあります。

 

書類作成代行

裁判所に提出する書類の作成も弁護士が代行します。

 

裁判所は厳格なので書類の不備があると再提出を求められます。
法律や規則で書類の形式が厳密に決められているためです。

 

自分で書類作成すると何度もやり直しになってしまいます。
弁護士に書類の作成を代行してもらうと
書類作成の煩わしさがありません。

 

依頼人は弁護士に住民票や預金通帳といった
申立書類の元になる資料を提出するだけなので非常に楽です。

 

訴訟代行

債権者から裁判を起こされることもあります。

 

訴訟を起こすことは債権者の正当な権利です。
そのため、訴訟を起こされると拒否することは出来ません。

 

債務整理では「貸したお金を返せ」という貸金訴訟を提起されます。
この貸金訴訟の法廷代理人として依頼人の代わりに債権者と戦ってくれます。

 

慣れない裁判なのでプロが代理人になってくれることは大きなメリットです。

 

裁判は平日昼間に行われます。
会社を休んで裁判所に行き「お金を返していない」という負い目のある裁判をする・・・
負担を考えればプロに任せるのが賢明な判断だと言えます。

 

弁護士に依頼するメリットのまとめ

債務整理を弁護士に依頼するメリットをまとめました。

  • 督促、取り立てが止まる
  • 借金を返済停止に出来る
  • 債権者との交渉を代行してもらえる
  • 書類作成を代行してもらえる
  • 訴訟の代理人になってもらえる

などのメリットがあります。

 

このサイトでは無料で全国からオススメの弁護士を紹介してくれます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

 

弁護士と司法書士の違い

債務整理を依頼できるのは弁護士だけではありません。
司法書士にも依頼できます。

 

しかし、私の経験から言うと司法書士はオススメ出来ません。

 

司法書士が代理人になれるのは「簡易裁判所」に限られます。
しかし、自己破産や個人再生は「地方裁判所」で行います。
そのため、司法書士に依頼しても法廷で代理人にはなれないのです。

 

これでは依頼している意味がほとんどありません。

 

また、司法書士が出来るのは額面が1件あたり140万円以下の債務整理に限られます。
借金額が多くなると対応できないのです。

 

そのため、弁護士に依頼することをオススメします。
私も弁護士に依頼して自己破産で免責を勝ち取りました。

 

このサイトでは無料で全国からオススメの弁護士を紹介してくれます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

 

債務整理の費用

債務整理には費用がかかります。

 

大きく分けると弁護士費用と裁判所費用に分けられます。
弁護士費用は弁護士への報酬金です。
裁判所費用は申立の手数料や郵便代になります。

 

支払い方法を工夫すると手持ちが全くなかったとしても
無理なく債務整理することが出来ます。

 

法テラスの利用

法テラスとは国が設立した法律トラブルを解決する総合案内所です。
法テラスとは通称で正式名称を日本司法支援センターといいます。

 

法テラスの立替払い

法テラスでは弁護士費用の立替払いをしています。

 

立替えられた費用は分割で法テラスに支払っていきます。
分割金額は月額5千円か1万円を選択して支払います。

 

法テラスの利用条件

法テラスは誰でも利用できるわけではありません。
収入と資産の条件を満たす必要があります。

 

収入

手取り月収額が基準を満たす必要があります。

 

下記の月収基準はボーナスを含んでいます。
ボーナスを含んだ年収を12ヶ月で割ると1ヶ月分の月収相当額が分かります。
生計を共にしている家族の収入は合算します。(自分と配偶者などを合算する)

 

※法テラスの収入基準表

人数 手取月収額の基準 注1 家賃又は住宅ローンを負担している場合に加算できる限度額 注2
1人

18万2,000円以下
(20万200円以下)

4万1,000円以下
(5万3,000円以下)

2人

25万1,000円以下
(27万6,100円以下)

5万3,000円以下
(6万8,000円以下)

3人

27万2,000円以下
(29万9,200円以下)

6万6,000円以下
(8万5,000円以下)

4人

29万9,000円以下
(32万8,900円以下)

7万1,000円以下
(9万2,000円以下)

注1:東京、大阪など生活保護一級地の場合、()内の基準を適用します。以下、同居家族が1名増加する毎に基準額に30,000円(33,000円)を加算します。
注2:申込者等が、家賃又は住宅ローンを負担している場合、基準表の額を限度に、負担額を基準に加算できます。居住地が東京都特別区の場合、()内の基準を適用します。


引用元:法テラス
URL:http://www.houterasu.or.jp/service/taimen_soudan/

 

資産

資産についても基準があります。

 

資産は現金や貯金だけではありません。
不動産や株や国債などの有価証券を合算します。

 

ただし、自宅と係争中の物件は除きます。

 

※法テラスの資産基準表

人数 現金・預貯金合計額の基準 注1
1人 180万円以下
2人 250万円以下
3人 270万円以下
4人 300万円以下

注1:3ヶ月以内に医療費、教育費などの出費がある場合は相当額が控除されます。


引用元:法テラス
URL:http://www.houterasu.or.jp/service/taimen_soudan/

 

法テラスのデメリット

この利用条件を審査するのに時間がかかります。
厳密な審査をするので1ヶ月から2ヶ月程度かかります。

 

審査が終わってから弁護士との契約になるので、
受任通知をすぐに送れません。

 

そのため、審査している間は督促を受けることになります。

 

1〜2ヶ月の間、厳しい取り立ての電話や手紙が来るのは本当に堪えます。
私の実体験として、とてもつらかったことを覚えています。

 

法テラスの利用まとめ

このように法テラスは立替払いをしてくれます。

 

しかし、誰でも利用できるわけではありません。
収入と資産の条件を満たす必要があります。

 

無職や低収入の場合は利用条件に当てはまることもあります。
利用する場合はデメリットを理解した上で依頼することをオススメします。

 

分割払いの利用

今では多くの弁護士が分割払いの制度を取り入れています。

 

債務整理を依頼する人は借金に困っています。
毎月の資金繰りに四苦八苦しているので、
弁護士費用を一括で支払えないことは当たり前と言えます。

 

そこで、分割で弁護士費用を支払えるようになっています。

 

まず、弁護士に依頼すると借金の返済を停止にします。
これでクレジットカードの引き落としやローンの返済をしなくなります。

 

借金を返済していたお金が浮くので、
そのお金を利用して弁護士に依頼することが出来ます。

 

このサイトでは無料で分割払い可能な弁護士を探せます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

債務整理の弁護士費用の相場

債務整理の弁護士費用は手続きの方法によって変わります。

 

もっとも高いのは個人再生です。
任意整理では債権者の数によって増額されます。

 

※弁護士費用の相場

任意整理 13万円〜50万円
個人再生 50万円〜70万円
自己破産 20万円〜50万円

 

弁護士費用の分割払いの例

一例として、自己破産の弁護士費用30万円を分割で支払うスケジュールを紹介します。
毎月3万円を10回払いとしています。

 

※1か月目〜6か月目まで

相談/受任通知 準備 準備 準備 自己破産申立 準備
1か月目 2か月目 3か月目 4か月目 5か月目 6か月目

0円
(返済停止)

3万円
(開始)

3万円 3万円 3万円 3万円

 

※7か月目〜12か月目まで

準備 破産開始決定 待機 待機 免責審尋 免責許可
7か月目 8か月目 9か月目 10か月目 11か月目 12か月目
3万円 3万円 3万円 3万円

3万円
(終了)

免責なので

返済不要


※上記は参考例です。実際の支払いについて弁護士事務所に確認してください。

 

このサイトでは無料で分割払い可能な弁護士を紹介してくれます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

裁判所費用

裁判所費用は申立手数料や予納郵券(郵便切手)、官報公告費用などになります。

 

自己破産では管財事件の場合、管財人報酬20万円がかかります。
個人再生では再生委員が選任された場合、再生委員報酬がかかります。

 

自己破産(同時廃止) 1万6千円
自己破産(少額管財) 22万2千円
個人再生(再生委員なし) 2万5千円
個人再生(再生委員あり) 17万5千円(東京地裁の場合※)

※再生委員報酬は東京以外の地方裁判所では無料になる場合もあります。

 

 

債務整理を弁護士に依頼するときの注意点

債務整理の注意点として弁護士が受任できない案件があります。

  • 友人・知人などの個人間の借金整理
  • 税金の滞納による差し押さえ
  • すでに他の事務所に依頼中の案件
  • 本人以外からの相談(本人確認が取れない場合)

 

クレジットカードやカードローンの借金返済に困っている場合は
問題なく受任してくれます。

 

また、銀行や消費者金融からの借金でも債務整理できます。

 

一見すると債務整理が不可能に思える案件でも
大丈夫なことは多々あります。

  • 一度も返済してない借金がある
  • カード会社に年収を偽って借り入れをした
  • ギャンブルやFXにつぎ込んだ
  • 旅行やブランド物の浪費
  • 携帯端末の転売をしていた
  • 新幹線チケットを転売して現金化した

このようなケースでも債務整理できるので、
まずは相談してみることをオススメします。

 

私も年収を偽って銀行カードローンを組んでいましたが
問題なく契約できました。
もちろん免責許可も下りてるので返済免除になっています。

 

このサイトでは無料で全国から債務整理に強い弁護士を探せます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

 

ヤミ金融に借りている場合

ヤミ金は出資法違反の違法金利で貸付を行っているので返済義務はありません。
民法708条によると不法原因給付なので不当利得の返還を請求できます。
つまり、今まで返済したお金はすべて戻ってくるということです。

 

このようにヤミ金には対応策があるので、もうヤミ金に返済する必要はありません。
取り立てに怯える必要もありません。

 

あなたがヤミ金からの嫌がらせに困っていたり、返済を迫られている場合は、
今すぐヤミ金対応専門の弁護士に相談して介入してもらうことをオススメします。

 

ヤミ金専門でこの道30年のベテラン弁護士に相談すると、
最短即日で督促の停止・迷惑行為の禁止・返済の停止まで対応してくれます。

 

全国対応で相談は無料となっていて費用分割も可能なのでオススメします。
⇒ ヤミ金対策専門のDuelパートナー法律事務所

 

秘密厳守なので家族にも会社にもバレずに内緒で解決できます。

 

 

債務整理以外の借金解決方法

今まで見てきたように借金問題は債務整理するのがベストです。

 

念のため他の方法が危険な理由を解説します。

 

踏み倒し・時効の援用

消滅時効まで逃げて借金の踏み倒しをする、という方法があります。

 

銀行や消費者金融の借金は商事債権なので、
消滅時効は5年間です。

 

消滅時効が完成するまで5年間逃げてから時効の援用をします。

 

時効の完成を期待するのはオススメできません。
時効は確実に中断されるからです。

 

相手もお金を貸すプロなので踏み倒し対策は完璧です。
そこまで甘くありません。

 

時効成立は難しい

時効中断には色々な方法がありますが、
債務者側で回避手段がないものとして、
裁判による請求があります。(民法147条1項)

 

(時効の中断事由)
第147条 時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一  請求
二  差押え、仮差押え又は仮処分
三  承認

 

時効完成前に貸金訴訟を提起されると時効は中断します。
貸金訴訟とは「貸したお金を返せ」と裁判所に訴え出ることです。
誰でも裁判を受ける権利があるため訴訟を回避することは出来ません。(憲法32条)

 

この訴訟で敗訴して確定判決が取られると時効は10年間に延長されます。
(民法174条の2、1項)

 

※民法174条の2、1項

(判決で確定した権利の消滅時効)
第174条の2、1項
確定判決によって確定した権利については、十年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効期間は、十年とする。裁判上の和解、調停その他確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利についても、同様とする。

 

このように消滅時効は中断されるので逃げ回ることはオススメできません。

 

時効狙いをしていて貸金訴訟を起こされてしまった場合は
弁護士に相談することをオススメします。

 

このサイトでは無料で全国から弁護士を探せます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

借金を親に借りて返す

両親、または近親者に借りて借金を返す方法もあります。

 

債務者が若年者であったり比較的低額の借金の場合、
両親に肩代わりしてもらうことも一つの方法です。

 

しかし、当然ですが家族にはバレるので
借金を秘密にしたい場合はこの方法は選べません。

 

副業やバイトをして借金を返す

土日や夜間にバイトや副業をして借金を返済する方法もあります。

 

普段の仕事に加えて新しい仕事をすることになるので
肉体的にも精神的に大変です。

 

問題点として、

  • 残業のある仕事の場合は時間が取れない
  • バイトの時給では返せる借金額ではない
  • 副業やバイトが会社にバレる(確定申告で)

などがあります。

 

特に会社に秘密にしたい場合はオススメ出来ません。

 

おまとめローン(債務の一本化)

債務の一本化とは借り換えやおまとめローンのことです。
多重債務に陥った場合、複数の借金を1つの金融機関にまとめることが出来ます。

 

借り先が1つになるので月々の支払金額が減ります。
ただし、金利は減らないので債務総額は多いままです。

 

債務総額を減らすには金利を減らすことが効果的です。
任意整理なら金利を免除されます。

 

利息0円なので月々の支払い額も少ないです。
借金総額も圧縮できます。

 

このように「おまとめローン」よりも任意整理のほうが
借金減額効果があるのでオススメ出来ます。

 

このサイトでは無料で任意整理の得意な弁護士を探せます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

 

借金の取り立てだけでも止める

借金の支払いを放置して一番キツいのは
なんといっても督促電話になります。

 

不意打ちのように突然かかってくる電話はまさに攻撃と言っていいでしょう。

 

毎日のように取り立ての電話がかかってくると本当に気が滅入ります。
早く普通の生活に戻りたいと思います。

 

ここで弁護士が介入すれば取り立てを止められます。
もう督促電話に怯えなくても大丈夫なのです。
そのため、まずは弁護士に相談して受任通知を送ってもらうことが大切です。

 

このサイトでは無料でその日のうちに受任通知を送ってくれる弁護士を探せます。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

 

借金が返せない、この先どうなるのか、まとめ

借金を返さないで放置すると会社や家族にバレる

借金を返せないまま放置していると
債権者は支払督促や貸金訴訟によって債権回収を図ります。

 

その結果、裁判になって給料の差押を受けます。
この債権回収の過程で会社や家族にバレます。

 

弁護士に債務整理を依頼する

弁護士に債務整理を依頼すると

  • 借金の返済停止
  • 督促停止

になります。

 

債務整理の種類

債務整理には3種類あり、

  • 自己破産破産なら免責で帳消し
  • 任意整理なら利息と遅延損害金の免除
  • 個人再生なら借金を1/5に圧縮

となります。

 

債務整理の弁護士費用

弁護士費用は分割払いにすることが出来ます。
借金の返済を止めるので浮いたお金を弁護士費用に回せます。

 

借金問題の解決を諦めない

また、一見すると債務整理が無理そうな

  • 競馬やFXなどのギャンブル
  • 旅行やブランド物の浪費
  • カード会社に年収を偽っての借り入れ

などの落ち度があっても受任してもらえます。

 

債務整理・自己破産は急増している

最近では

  • 銀行カードローン破産
  • 奨学金破産
  • ソシャゲ課金による破産

などが増えてきました。

 

裁判所が混んできています。
何ヶ月も待たされることも珍しくありません。

 

そのため、早めに弁護士に相談することをオススメします。
人生をやり直すなら「今」です。

 

今すぐ無料で債務整理の相談をするには、こちらのサイトから弁護士を探すことをオススメします。
⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

⇒ 借金の解決方法の目次へ