任意整理の費用、弁護士費用はいくらなのか?

任意整理の弁護士費用は13万円〜50万円程度

破産者・Jです。

 

任意整理弁護士費用は総額で13万円〜50万円程度となっています。
この金額は債権者の数と債務総額によって変動します。
もちろん分割支払いも可能です。

 

例えば、債権者3社で借金総額200万円の場合、
任意整理で100万円の減額に成功すると約22万円の費用がかかります。
つまり、残りの借金は122万円で78万円の減額に成功したことになります。

 

任意整理では弁護士費用を支払い終えてから借金の返済をするように
取り決めをします。
弁護士費用と借金の支払いを同時にする必要がないので、
生活が苦しくなることはありません。

 

今回は、借金総額と借入先の3つの事例を、3つの弁護士事務所の報酬表から
弁護士費用を計算します。

 

 

任意整理での弁護士費用の詳細

弁護士に任意整理を依頼すると様々な費用がかかります。
着手金は依頼すると必ずかかります。
報酬金や減額報酬は債権者との交渉で
借金の減額に成功しないと発生しません。

相談料 弁護士に相談するための費用、無料の弁護士が多い
着手金 弁護士が任意整理に着手するためにかかる費用
報酬金、または成功報酬 借金が減額出来たら「成功」扱いになり支払う費用(金額固定)
減額報酬 減額できた金額に応じて支払う成果報酬(%計算で金額変動あり)、

100万円の減額で10%の減額報酬なら10万円の報酬

 

 

弁護士費用の具体例

任意整理弁護士費用
実際の弁護士事務所の報酬表から計算します。

 

ここでは、債権者の数と借金総額で3つの事例を用意しました。

  1. Aさん、債権者2社で借金100万円
  2. Bさん、債権者3社で借金200万円
  3. Cさん、債権者5社で借金300万円

この借金を任意整理で半額に減額できたとして計算してみます。

 

東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)

相談料 無料
着手金 20,000円(税抜、債権者1社につき)
報酬金 20,000円(税抜、債権者1社につき)
減額報酬 10%
その他諸費用 5,000円(税抜)

⇒ 借金問題なら信頼と実績の東京ロータス法律事務所へ

 

Aさん、債権者2社で借金100万円
着手金 4万円
報酬金 4万円
減額報酬 5万円
その他諸費用 5,000円
合計 13万5000円

借金100万円が50万円に減額になった。(半額)
弁護士費用13.5万円かかるので合計63.5万円の債務残高になった。
100万円-63.5万円で実質36.5万円の借金を減額できた。

 

Bさん、債権者3社で借金200万円
着手金 6万円
報酬金 6万円
減額報酬 10万円
その他諸費用 5,000円
合計 22万5000円

借金200万円が100万円に減額になった。(半額)
弁護士費用22.5万円かかるので合計122.5万円の債務残高になった。
200万円-122.5万円で実質77.5万円の借金を減額できた。

 

Cさん、債権者5社で借金300万円
着手金 10万円
報酬金 10万円
減額報酬 15万円
その他諸費用 5,000円
合計 35万5000円

借金300万円が150万円に減額になった。(半額)
弁護士費用35.5万円かかるので合計185.5万円の債務残高になった。
300万円-185.5万円で実質114.5万円の借金を減額できた。

 

⇒ 借金問題なら信頼と実績の東京ロータス法律事務所へ

 

 

弁護士法人・天音法律事務所

相談料 無料
着手金 39,800円(税抜、債権者1社につき)
報酬金 19,800円(税抜、債権者1社につき)
減額報酬 10%(税抜)
その他事務手数料 30,000円(税抜)

⇒ 弁護士法人・天音法律事務所

 

Aさん、債権者2社で借金100万円
着手金 79600円
報酬金 39600円
減額報酬 5万円
その他事務手数料 3万円
合計 199,200円

借金100万円が50万円に減額になった。(半額)
弁護士費用199,200円かかるので合計699,200円の債務残高になった。
100万円-699,200円で実質300,800円の借金を減額できた。

 

Bさん、債権者3社で借金200万円
着手金 119,400円
報酬金 59,400円
減額報酬 10万円
その他事務手数料 3万円
合計 308,800円

借金200万円が100万円に減額になった。(半額)
弁護士費用308,800円かかるので合計1,308,800円の債務残高になった。
200万円-1,308,800円で実質691,200円の借金を減額できた。

 

Cさん、債権者5社で借金300万円
着手金 199,000円
報酬金 99,000円
減額報酬 15万円
その他事務手数料 3万円
合計 478,000円

借金300万円が150万円に減額になった。(半額)
弁護士費用478,000円かかるので合計1,978,000円の債務残高になった。
300万円-1,978,000円で実質1,022,000円の借金を減額できた。

 

⇒ 弁護士法人・天音法律事務所

 

 

弁護士法人アドバンス

相談料 無料
着手金 2万円(税別、1社につき)
報酬金 2万円(税別、1社につき)
減額報酬 10%(税抜)

⇒ 弁護士法人アドバンス

 

Aさん、債権者2社で借金100万円
着手金 4万円
報酬金 4万円
減額報酬 5万円
合計 13万円

借金100万円が50万円に減額になった。(半額)
弁護士費用13万円かかるので合計63万円の債務残高になった。
100万円-63万円で実質37万円の借金を減額できた。

 

Bさん、債権者3社で借金200万円
着手金 6万円
報酬金 6万円
減額報酬 10万円
合計 22万円

借金200万円が100万円に減額になった。(半額)
弁護士費用22万円かかるので合計122万円の債務残高になった。
200万円-122万円で実質78万円の借金を減額できた。

 

Cさん、債権者5社で借金300万円
着手金 10万円
報酬金 10万円
減額報酬 15万円
合計 35万円

借金300万円が150万円に減額になった。(半額)
弁護士費用35万円かかるので合計185万円の債務残高になった。
300万円-185万円で実質115万円の借金を減額できた。

 

⇒ 弁護士法人アドバンス

 

 

弁護士費用の支払いと借金の支払い

弁護士費用と借金の支払いの時期が重なると生活が極端にキツくなってしまいます。
そこで、弁護士は任意整理するときに債権者との契約で、
弁護士費用を支払い終えてから借金の返済をするように取り決めをします。
これは弁護士費用を分割払いにしたときも同様です。
そのため、生活に負担がないので安心して弁護士に依頼できます。

 

 

弁護士会の報酬基準

弁護士会では弁護士費用に基準を設けています。
「クレジット・サラ金事件報酬基準」というものです。
弁護士費用の相場にもなっています。

 

⇒ 債務整理の弁護士費用の目安と分割払いのススメ

 

 

任意整理の目次へ

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 街角法律相談所・無料シミュレーター