債務整理の種類をメリット・デメリットで比較

自己破産しかないのか?!借金解決の方法を比較検討する。

破産者・Jです。

 

「借金がヤバイ」と思ったら
「自己破産しかない・・・」と考えるかもしれません。

 

実は自己破産というのは4種類ある債務整理の中の1つの方法にすぎません。
自己破産以外にも債務整理の方法は3つあります。

 

今回は4種類の債務整理の方法のメリットデメリット
特徴や条件を比較検討していきます。

 

 

債務整理とは

比較検討の前に、「なぜ借金が減額できるのか?
という根本の部分から解説します。

 

弁護士に相談して債権者と交渉すると借金が減額できます。
もしくは借金が全額免除になります。

 

これを債務整理といいます。

 

なぜ、借金が減額または免除になるかというと、
法律で決まっているからです。

  • 自己破産なら破産法
  • 個人再生なら民事再生法
  • 任意整理なら民法、貸金業法
  • 特定調停なら特定調停法

このように法律で借金減額・免除の仕組みが決まっているからです。

 

 

債務整理のメリット・デメリット

債務整理の方法は4種類ありますが、
ここでは全ての方法に共通したメリットとデメリットを解説します。

 

債務整理のメリット

  • 借金が減額、または免除になるので生活が楽になる
  • 督促や請求が止まるので平穏な生活になる
  • 家族や会社にはバレないので安心できる

 

債務整理のデメリット

  • ブラックリストに載るので新しい借金はできない(※)
  • 弁護士費用がかかる(分割払いも可能)

 

※例外的にスマホ本体の分割払いや
生活必需品の家電の割賦払いは可能です。

 

 

債務整理の種類・方法を比較

債務整理すると借金と財産がどうなるのか、
債務整理の方法ごとに比較検討しました。

 

また、その他の注意点も比較してまとめました。

 

債務整理の方法と借金

  自己破産 個人再生 特定調停 任意整理
督促 止まる 止まる 止まる 止まる
元本 免除 1/5に減額 減額or据え置き 減額or据え置き
利息 免除 免除 免除 免除
返済 免責 一部免責 必要 必要

 

債務整理の方法と財産

  自己破産 個人再生 特定調停 任意整理
住宅 手放す 残せる 残せる 残せる
自動車 手放す(※1) (※2) 残せる 残せる
貯金 20万円まで OK OK OK

 

自己破産と自動車

※1 自己破産で自動車を処分しなくてよいケース
所有している自動車の減価償却期間が過ぎていれば、
自動車は無価値となるので手放す必要はありません。

 

減価償却期間は普通自動車で6年、軽自動車と商用車は4年です。

 

査定金額が20万円未満の車なら処分しなくても大丈夫です。
財産の換価基準は20万円なので処分は不要です。

 

また、車を仕事に使っている場合は処分しなくても良いケースがあります。

 

個人再生と自動車

※2 個人再生での自動車の扱い
ローンを払い終わっていない場合はローン会社に車を引き揚げられてしまいます。

 

ローンを払い終わっている自己所有の車は手放さないで済みます。
しかし、車の資産価値が最低弁済額の範囲内に収まっている必要があります。

 

最低弁済額とは減額された借金のことです。
再生計画で認可された支払う予定の金額となっています。

 

債務整理の方法とその他の注意事項

  自己破産 個人再生 特定調停 任意整理
裁判所 必要 必要 必要 不要
ブラックリスト 載る 載る 載る 載る
破産者名簿 載らない(※3) 載らない 載らない 載らない
官報公告 掲載 掲載 不掲載 不掲載
資格制限 あり(※4) なし なし なし

 

破産者名簿への掲載条件

※3 破産者名簿への搭載
平成17年の破産法の改正によって、
破産者名簿への搭載は免責不許可の場合に限られることになりました。

 

1回目の自己破産ではほぼ確実に免責になるので
破産者名簿には掲載されません。

 

自己破産と資格制限

※4 一部の資格は制限されます。
破産開始の決定から免責許可の確定までの期間は資格制限があります。

 

期間はおおよそ2か月から半年になります。

 

制限される資格・職業として公認会計士、弁護士、宅地建物取引士、
警備業(現金輸送車警備)、保険募集人(集金人)などになります。

 

 

自己破産のメリットとデメリット

自己破産の特徴

借金を帳消しにする制度です。

 

地方裁判所に自己破産の申し立てを行います。

 

手持ちの財産を全て処分します。
ただし、生活必需品と99万円以内の現金などの自由財産は保持できます。

 

免責が許可されれば借金を支払う必要はなくなります。

 

自己破産のメリット

債務が完全に免除されることです。

 

何百万円、何千万円の借金があっても1円も払う必要がなくなります。
これは自己破産だけの圧倒的なメリットとなっています。
他の債務整理の方法では完全免除はできません。

 

自己破産のデメリット

ほとんどの財産を失うことです。

 

自家用車や住宅は売却して債権者に分配します。
他の資産も生活必需品を除いて売却処分します。

 

自由財産となっている現金99万円と預貯金20万円、
スマホ、テレビ、エアコン、パソコン、洋服などは維持できます。

 

高額なブランド品は処分する必要があります。

 

自己破産の条件

  • 支払不可能の状態になっていること
  • 過去7年以内に自己破産の手続きをしていないこと
  • 無職・無収入でも申し立て可能

 

※より詳しい自己破産の情報はこちら
⇒ 自己破産の目次

 

 

任意整理のメリットとデメリット

任意整理の特徴

裁判所を通さない手続きです。
債権者と話し合いで交渉します。

 

返済条件を交渉して債務整理します。
返済条件とは利息や元本、返済年数のことです。

 

任意整理のメリット

債務整理したい業者だけ絞って交渉が出来ます。

 

一般的な交渉では利息と遅延損害金は免除されます。
そのため、月々の返済金額が減ります。

 

なお、利息を払いすぎている場合は過払い金の請求ができます。
過払い金の返還で借金がなくなり貯金が増えることもあります。

 

また、交渉次第で元本の減額も見込めます。
残りの元本は3年から5年間で支払っていきます。

 

裁判所を通さないので融通が効きます。
差し押さえや配当がないので、
自宅や自動車などの財産を失わずに済みます。

 

任意整理のデメリット

元本が減らないケースがあります。
その場合は借金減額の効果は薄くなります。

 

交渉に応じない業者もいます。
中には強硬な姿勢で一切の話し合いに応じないケースもあります。
その業者は任意整理の対象から外す必要があります。

 

任意整理の条件

  • 支払い困難な状態になっていること
  • 継続した収入があること(アルバイトでも可能)

 

※より詳しい任意整理の情報はこちら
⇒ 任意整理の目次

 

 

個人再生のメリットとデメリット

個人再生の特徴

裁判所を通した債務整理になります。

 

原則として3年間で法律の定める一定金額を返済する計画を立てます。
その返済計画が裁判所に許可されれば、残りの債務が免除されるという仕組みです。

 

この期間は特別な事情があれば3年から5年間に延長されます。

 

個人再生のメリット

借金を1/5まで減額できます。
ただし減額の下限は100万円となっています。

 

また、住宅ローンの付いている自宅を守れるというメリットがあります。

 

自宅に住みながら債務整理できるので、
自己破産と違って引っ越しの必要はありません。

 

そのため、思い入れのある自宅だけでなく、
町内会や子供の学校などの人間関係を守れます。

 

個人再生のデメリット

手続き費用が他の債務整理の方法よりも高額になっています。

 

ローンが付いている自動車は処分する必要があります。

 

個人再生の条件

  • 返済困難な状態にあること
  • 安定して継続した収入があること
  • 債権者が納得する返済計画を立てること

 

※より詳しい個人再生の情報はこちら
⇒ 個人再生の目次

 

 

特定調停のメリットとデメリット

特定調停の特徴

簡易裁判所の調停制度を利用します。

 

基本的には任意整理と一緒ですが、
裁判所の調停委員が債権者と債務者の間に入って調停してくれます。

 

特定調停のメリット

給料の差し押さえを防げます。
特定調停の申立によって民事執行手続きを停止することが出来るからです。
(差し押さえ=民事執行)

 

利息や元本、遅延損害金などの交渉は任意整理と同じです。

 

特定調停のデメリット

裁判所を使うので手続きが厳格で時間もかかります。

 

特定調停委員が債務整理に詳しくないケースもあります。

 

制度そのものが過払い金に対応していないので、
過払い金が発生する場合は利用できません。

 

特定調停の条件

  • 返済困難に陥っていること
  • 継続した収入があること(アルバイトでも可能)

 

特定調停の使いどころ

任意整理で交渉が難航している場合、
その債権者だけ特定調停を申し立てることがあります。

 

また、給料の差し押さえを受けている場合、
特定調停の申し立てによって差し押さえを解除します。

 

※より詳しい特定調停の情報はこちら
⇒ 特定調停のメリットとデメリット

 

 

債務整理の方法の選び方

このように、債務整理には4種類の方法があります。
自己破産、任意整理、個人再生、特定調停です。

 

どの方法も一長一短です。
どれが優れていて、どれが劣っているということではないです。

 

 

今回は債務整理の選び方として2つの方法を紹介します。

  1. 自分の状況からメリット・デメリットを比較して選ぶ方法
  2. 専門家の意見を参考にして選ぶ方法

 

1番の「自分の状況からメリット・デメリットを比較して選ぶ方法」では、
上記の債務整理の比較表を参考にしながら選ぶことをオススメします。

 

自分の状況から譲れるもの譲れないものがあると思います。
条件を取捨選択して選ぶのがオススメです。

 

 

2番の「専門家の意見を参考にして選ぶ方法」では、
債務整理の専門家である弁護士に意見を聞くことをオススメします。

 

こちらのサイトでは全国から債務整理に強い弁護士を紹介してくれます。(無料です)

 

⇒ 街角相談所-法律-無料シミュレーター

 

無料で相談できるので、まずは問い合わせしてみて
債務整理の方法を聞いてみることをオススメします。

 

なお、債務整理の8割は任意整理となっています。
ほとんどのケースは任意整理なので財産を失う可能性は低くなっています。

 

 

⇒ 借金の解決方法の目次へ