弁護士費用を分割払い可能で初期費用が0円の弁護士

自己破産を無料でするには?分割可能&初期費用0円の弁護士の紹介

破産者・Jです。

 

自己破産や債務整理を考えたときに、
一番問題となってくるのが『破産費用・弁護士費用』です。

 

借金を返せなくて困っているくらいなので、
弁護士費用を払えるかどうか、不安になってくるものです。

 

今回は債務整理の費用を分割払い可能で初期費用が0円の弁護士を紹介します。
費用面で安心感があるので手持ちが少なくても債務整理ができます。

 

 

債務整理を無料で出来ないか?

債務整理には自己破産、任意整理、個人再生という3つの手続きがあります。
この債務整理の3種類の方法を無料で出来ないか検討してみます。

 

どの手続きでも弁護士に依頼すれば弁護士費用はかかります。

 

自分一人で行う場合は裁判所に支払う最低限の費用で済みます。
最低限の費用として官報公告費や予納郵券(郵送費)、申立費用などがあります。
裁判所に支払う費用はどうしてもかかるので完全無料の0円にはなりません。

 

ここで気をつけておきたいポイントがあります。

 

債務整理には3種類の方法がありますが、
あなたの債務額や収入といった状況が分からないので、
どれがベストな方法なのか断言できません。

 

「自己破産しかない・・・」と思い込んでいたのが、
専門家に依頼したら自己破産ではなく任意整理で済んだ、
というケースが増えています。

 

そのため、自己判断せずに専門家に助言を求めることを強くオススメします。

 

 

弁護士に依頼するのか?自分一人で行うのか?

債務整理の3種類の手続きについて、弁護士に頼むのが良いのか、
それとも自分一人で行うのが良いのか、手続きの特徴を踏まえながら解説します。

 

任意整理

3種類ある債務整理の中で、任意整理は裁判所を通さずに、
弁護士が債権者と交渉をして、利息や元金の減額を勝ち取るという方法です。

 

銀行や消費者金融という債権者と交渉が必要なため、
弁護士に依頼する必要があります。

 

個人で交渉をすると門前払いにされたり、
不利な条件の契約になってしまうことも珍しくありません。
というのも一般人は法律や貸金業に詳しくないため、
交渉の勘所が分からないからです。

 

やはり法律の専門家で交渉のプロである弁護士に依頼するのがベストと言えます。
特に債務整理を専門で行っている弁護士はノウハウの蓄積があるので、
かなり有利な条件で任意整理が可能です。

 

過払い金が戻ってくる場合は、トータルで無料もしくは弁護士費用を支払ってもプラス収支になる可能性もあります。

 

個人再生

個人再生は裁判所に法律で定める一定金額を返済する、
という再生計画を提出します。

 

この金額は原則3年で返済することになります。
計画が認可されれば、一定金額以外の残りの債務を免除されるというメリットがあります。

 

個人再生の一番のメリットは住宅ローンと自宅に特例があって、自宅だけは手放さずに済むことです。

 

この個人再生は裁判所に申し立てが必要です。
申立自体は本人主義なので、債務者本人が申し立てることが原則です。

 

しかし、この個人再生の申立には厳密なルールがありミスは許されません。
申立書類に不備があると申し立ては受理されずに再提出を求められてしまいます。

 

このように裁判所というのは法律と権利を扱うため、
初心者が一人で手続きするのは厳しいと言わざる得ません。

 

自己破産

自己破産には同時廃止と管財事件という2つの手続きがあります。

 

同時廃止では破産手続きの開始と同時に手続きが廃止となります。
管財事件に比べて時間とお金がかからない特徴があります。
同時廃止では個人の申し立ても認められています。

 

しかし、20万円以上の財産がある場合、免責不許可事由がある場合、
債権に不明点がある場合などは管財事件になります。

 

この管財事件の申し立ては弁護士にしか出来ません。

 

申し立てを個人で行うのは無理ではありませんが、
弁護士にすべて丸投げしてしまったほうがストレスも少なくて済みます。
自己破産相当な場合は精神的にも厳しいので誰かを頼るのも悪い選択ではありません。

 

 

債務整理の手続きを一人でやるか?弁護士に依頼するか?

さきほど比較検討した3種類の債務整理の方法を
一人で行うか弁護士に依頼するか表にしました。

  任意整理 個人再生 自己破産
自分でやる ×
弁護士に依頼

自分一人で手続きも出来なくはありませんが、
弁護士に丸投げしたほうが心労も少ないのでオススメです。
(自己破産の管財事件は弁護士必須です。)

 

 

法テラスはどうなのか

10年前から稼働している法テラスには民事法律扶助というメリットがあります。
民事法律扶助とは弁護士費用を立替払いしてくれる仕組みです。
法テラスが立て替えた費用を分割払いで支払っていきます。

 

法テラスを利用には審査があります。
この審査には1ヶ月から2ヶ月かかります。
審査に通るまでは弁護士と契約が出来ません。
そのため督促を止めることが出来ないのです。

 

すぐに督促を止められないので法テラスを利用は慎重になったほうがオススメです。

 

 

分割可能&初期費用0円の法律事務所を紹介

債務整理を自分でやるのは難しい。
しかし弁護士に依頼するとお金がかかる。

 

そこで初期費用が0円費用分割も可能な弁護士を紹介します。
初期費用がかからないし分割払いも出来るので、
手持ちの資金が少なくても依頼出来ます。

 

弁護士法人・天音法律事務所という法律事務所です。
法テラスと違って審査なしで即契約なので督促をすぐに止められます。

 

天音法律事務所の特徴は、

  • 相談は何度でも無料
  • 24時間365日受付(土日祝日夜間もOK)
  • 全国対応
  • 費用分割可能
  • 初期費用0円

となっています。

 

家族や会社に内緒の借金もバレずに債務整理可能なのでオススメします。
⇒ 弁護士事務所・天音法律事務所

 

 

弁護士・司法書士紹介の目次へ