借金が返せないので弁護士に無料相談すると・・・

多重債務で借金が返せない!弁護士に無料相談するとどうなるか・・・?

破産者・Jです。
実録・自己破産の体験談として、
借金に苦しんでいた当時のことを思い出して書いています。

 

 

多重債務で借金が支払不能になった

2015年1月
ここ数年悩んでいた借金問題がいよいよ限界を迎えました。

 

銀行とクレジットカード会社、合計8社に借りていました。
とんでもない多重債務です。
その額、おおよそ880万円

 

お金を返すためにお金を借りるなどという
自転車操業になっていました。

 

多重債務で自転車操業。

 

「何であんなことをしたんだろう?」
と思ってしまいます。

 

限界も限界、返す当ても何もなく、
貯金残高は翌月の支払いでギリギリでした。

 

あと1ヶ月で自動的に破綻する。
なんとかしなくちゃいけない・・・

 

 

借金問題の解決方法を調べた

インターネットで調べて、中古で本も買って勉強もしました。

 

※自己破産の解説本

 

その結果、自己破産(債務整理)というものは、
法律の素人でも自分一人で出来なくはないのです。

 

しかし、専門知識が必要で個人でやるには
かなり難しいことが分かりました。

 

特に資産が20万円以上ある場合や免責不許可事由がある場合は、少額管財事件になります。
管財事件の申し立ては弁護士でないと裁判所が受け付けてくれません。

 

私の状況を考えると、もう自分一人では解決不能なのだと悟りました。
債務額が多すぎるし、収入に見合わない買い物をクレジットカードしていたので、
それが浪費と捉えられてもおかしくはなかったのです。
浪費は免責不許可事由になるので少額管財になってしまいます。

 

 

法テラスの利用を検討する

法テラスの利用も検討していました。

 

法テラスを利用すると破産費用を立替払いしてくれます。

 

法テラスを利用するときは弁護士と私と法テラスの3者間の契約となります。
自分一人で手続きを進めるわけにはいかず、
必ず弁護士とも契約しないといけません。

 

今は法テラスに相談しなくても費用を分割払いにしてくれる弁護士がいます。
法テラスは厳格な審査基準を満たさないと利用できません。
(収入や資産に上限がある。)
そのため着手金無料で費用分割可能な弁護士に相談することをオススメします。

 

 

弁護士に無料相談する

まず最初に弁護士に相談メールを出すことにしました。

 

※相談メール(2015年1月下旬)

(債務残高が842万円になっていますが正確に計算したところ約880円でした)

 

メールの後に電話をいただいて、弁護士先生と少し話をしました。
どうにか力になっていただけるようでした。
一度会って面談することになったので、後日弁護士事務所に行くことになりました。

 

※損しないために弁護士に相談する前の確認事項
弁護士に債務整理の相談をするときの注意点

 

 

自己破産の体験談の目次 次へ