自己破産の申し立てを行った

破産者・Jです。

 

弁護士に初めて相談してから10ヶ月、
代理援助契約を結んでから8ヶ月が経っています。

 

10月下旬、弁護士から電話がありました。
自己破産の申立を少額管財で行ったとのことです。

 

今後は破産管財人の選任と面談、
年明けに債権者集会と免責審尋があることが伝えられました。

 

後日、郵送で自己破産の申立書のコピーを郵送するとのことでした。
内容を確認して異議があれば申し出て欲しい
と仰っていました。

 

申立書と債権者一覧表(自己破産・少額管財/管財事件)

※郵送された自己破産の申立書のコピー
自己破産の申立書

 

債権者一覧表
債権者一覧表その一

 

※債務総額880万円・・・
債権者一覧表その二

 

自己破産の申し立てをすると覚悟が決まる

申立書のコピーが届いたときは、
とうとう、ここまで来たのか・・・
という達成感とある種の諦めが入り混じった気持ちでした。

 

ショックも大きく申立書を直視できなかったのを覚えています。

 

免責の許可が出れば楽になれる、という気持ちもあれば
裁判所で公的に自己破産者扱いされる、
という人間失格的な烙印を押されるような気分になったりもしました。

 

私にとっては自己破産しか選びようがなかったし、
返済せずに放置してもどうしようもないことも分かっていました。

 

 

とにかく、前に進んでいることだけが事実でした。

 

 

※自己破産には半年〜1年間程度の時間がかかるので、
そのつもりで相談や申請をすることをオススメします。

 

こちらのサイトでは全国から無料で自己破産に強い弁護士を探せます。
⇒ 「借金相談カフェ」借金減額の無料診断サイト

 

 

前へ 自己破産の体験談の目次 次へ

 

オススメ記事

借金は減額できます。これは法律で決まっている国民の権利です。
⇒ 借金問題を債務整理で解決する方法

 

いくら借金が減るのか?借金減額のシミュレーターをお試しできます。
⇒ 借金相談カフェの申し込みはこちらから!

 

債務整理専門の弁護士ランキングです。
⇒ 債務整理の弁護士事務所の比較ランキング

 

自己破産の費用が払えませんでしたが、「ある方法」で解決しました。
⇒ 自己破産の予納金と弁護士費用を解決する方法

トップへ戻る