自己破産を家族に打ち明けることにした。

破産者・Jです。

 

前回、代理人弁護士が急に退職してしまいました。
後任の弁護士は『債権者集会当日』に初めて顔を合わせるとのことです。

 

 

管財費用(予納金)がなければ債権者集会が延期になる。

2月になりました。
管財人に要求された資料を提出し、
後は債権者集会&免責審尋の日を待つばかりになりました。

 

しかし、分割にしてもらった管財費用の支払いが残っています。
管財人に振り込む引継ぎ予納金は20万円です。
すでに10万円は振り込みましたが、残り10万円はまだ用意していません。

 

管財費用の振込は債権者集会までにしてください、
と代理人弁護士から伝えられています。

 

債権者集会に振り込むが間に合わないと
延期になってしまいます。

 

 

債権者集会が延期になれば免責審尋も延期になる。

債権者集会と免責審尋も同日に行われるため、
自己破産の申立をしているにも関わらず、
免責が受けられないという困った事態になってしまいます。

 

免責を目的として破産申立をしているので、
債権者集会の延期は何が何でも避けたいところです。

 

 

予納金を用意出来ない・・・

2月に入り3月上旬の債権者集会まで1ヶ月もありません。
にも関わらず予納金を用意出来ていない・・・

 

 

見通しが甘かった・・・

 

 

自己破産の最中にお金を借りるわけにもいかないし、
貸してくれる銀行も消費者金融もない。
(すでに信用情報機関・CIC・JICCではブラック扱いになっている)

 

さて、どうするか・・・

 

 

家族に打ち明けることにする。

親に借りるか。

 

今まで家族に隠して自己破産の手続きをしてきたが、
それが無駄になってしまう。

 

しかし背に腹は変えられない。
免責にならなければ意味がない。

 

結局、親にすべて説明して予納金の残り10万円を支払いました。

 

意外にも親は冷静でした。
問題は大きいものの解決の目処が立っていること、
問題の影響が本人にしかないこと、(迷惑がかからない)
といった理由が大きいです。

 

前へ 自己破産の体験談の目次 次へ

 

オススメ記事

借金は減額できます。これは法律で決まっている国民の権利です。
⇒ 借金問題を債務整理で解決する方法

 

いくら借金が減るのか?借金減額のシミュレーターをお試しできます。
⇒ 借金相談カフェの申し込みはこちらから!

 

債務整理専門の弁護士ランキングです。
⇒ 債務整理の弁護士事務所の比較ランキング

 

自己破産の費用が払えませんでしたが、「ある方法」で解決しました。
⇒ 自己破産の予納金と弁護士費用を解決する方法

トップへ戻る