弁護士・司法書士紹介

私もあなたと同じように借金地獄でした

「借金が返せなくてつらい」

 

「返済日が迫っているのに収入がない」

 

「貯金残高がどんどん減っていく」

 

 

破産者・Jです。
私も昔はあなたと同じように借金がありました。

 

最初は30万円だけ借りたのに、
気づいたときには880万円になっていました。

 

借金を返すためにお金を借りて多重債務に・・・

 

銀行残高を見るのが怖かった。

 

返済日が来るたびに貯金が減っていって、
いつまでこんなことが続くんだろうって辛くなった。

 

 

債務整理の相談をすることに・・・

もう1ヶ月分の返済資金しかない。
再来月から滞納するしかない。

 

もう無理だと思ったので弁護士に相談しました。
相談は無料でできました。

 

弁護士が言うには私の場合は支払い不能になっているので、
債務整理の中でも自己破産がオススメだそうです。

 

他にも個人再生や任意整理はどうかと聞いたのですが、
収入や借金の額からいっても自己破産だそうです。

 

自己破産すると免責になるので残りの借金の返済義務がなくなります。

 

借金は返さなくていいのです。

 

個人再生なら借金は1/5に減額できます。
任意整理なら金利と遅延損害金が0円になります。
残った借金は無理なく払える金額になります。

 

ちなみに弁護士からの指示でその後の借金は払わないようにしました。
弁護士に相談した時点で支払い不能だった場合は
返済停止にするという法律があるのです。

 

 

債務整理の費用や期間はどのくらいかかるのか?

債務整理の費用

債務整理の相談は無料で出来ます。

 

債務整理の料金は以下のとおりです。(分割払いも可能)

  着手金 成功報酬 合計
自己破産 20万円 20万円 40万円
個人再生 30万円 30万円 60万円
任意整理 1社3万円 1社2万円 1社5万円
  裁判外での交渉 訴訟での交渉
過払い金の報酬 過払い金の20% 過払い金の25%

※料金は概算です。正式な料金は弁護士事務所によって異なります。

 

弁護士費用の分割払い

弁護士費用は分割払いに出来ます。

 

分割払いの費用が借金返済と重なることはありません。
弁護士に依頼すると債権者への返済をストップするので、
借金は払わずに弁護士費用だけ支払うことになります。

 

そのため、生活に負担をかけずに債務整理できます。

 

一例として、自己破産の着手金20万円を分割で支払うスケジュールを紹介します。
毎月2万円の10回払いとしています。

 

契約/受任通知 準備 準備 準備 自己破産の申立 準備
1か月目 2か月目 3か月目 4か月目 5か月目 6か月目

0円
(返済停止)

2万円
(開始)

2万円 2万円 2万円 2万円
準備 破産開始の決定 管財人面談 債権者集会/免責審尋 免責許可の決定 免責確定
7か月目 8か月目 9か月目 10か月目 11か月目 12か月目
2万円 2万円 2万円 2万円

2万円
(終了)

借金は帳消し/成功報酬の支払い開始


※上記は参考例です。実際の支払いについて弁護士事務所に確認してください。

 

債務整理の期間

債務整理には時間がかかります。

 

自己破産や個人再生でで1年から1年半、
任意整理で3ヶ月から半年ほどになります。

 

時間がかかるとは言え債務整理中は借金の返済は停止になります。
月々の負担が減って生活には余裕が出ます。

 

債務整理の相談に必要なもの

ハンコと身分証

 

 

N絞り込み、条件
すでに相談済みではだめとか
生活保護
ヤミ金とか

 

A行動への後押し、緊急性
銀行かどーローンで
自己破産件数が増えています。
データを出す。
そのため裁判所が混んでいる
遅れると後回しにされます。
今ならまだ間に合うので急いだほうが、借金問題もすぐに解決で