自己破産の代理人弁護士が辞める

弁護士が辞職!?交代へ!

破産者・Jです。

 

前回、法テラスの支払いを猶予してもらいました。
破産事件の終結まで支払いをしなくていい、とのことでした。

 

 

管財予納金を支払わないとどうなるか?

2016年1月
年が明けました。
代理人弁護士から連絡がきました。

 

「管財予納金の残り10万円を管財人の口座に振り込んでください。
期日の2月末日よりも余裕を持って早めに振り込んで下さい」

 

「債権者集会までに振込が間に合わないと延期になってしまう」

 

事情は分かったので、なるべく早く金策をして
お金を用意することを約束しました。

 

 

弁護士が辞職した!?

そして、、、
弁護士が信じられないことを言い出しました。

 

「私事ですが、2月末で退職することになりました。
引継ぎはしておくので3月以降は後任のT弁護士が担当します」

 

こんなことがあるんだろうか・・・
というか、あっていいのだろうか・・・

 

代理人弁護士が依頼人の同意も得ずに
いきなり仕事を辞めるというのは・・・

 

しかも、心なしか嬉しそうな口調だったし・・・

 

 

あまりにありえないので思わず絶句してしまいました。
何も質問も出来ずに電話を切ってしまいました。

 

とはいえ、あとは3月上旬の裁判所での債権者集会と免責審尋だけです。
弁護士の仕事としては、あとは結果を見るだけなのでしょう。
その結果も過去の判例からしてほぼ100%結果が見えているので、
2月末の土壇場での退職でも問題はないとの判断なのでしょう。

 

せめて、そう思いたい、そうに違いない、
と思いました。

 

 

若い人ほど仕事を辞めやすい・・・かもしれない。

法律事務所も人の入れ替わりが激しい業界のようです。
今回の弁護士は30代前半という若い弁護士でした。
若い人ほど仕事を辞めやすいのは、どんな職業でも同じかもしれません。

 

自分で事務所を構えて代表弁護士として仕事をしている人は
急に辞めたりはしないと思います。

 

前へ 自己破産の体験談の目次 次へ

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 街角法律相談所・無料シミュレーター