法テラスで費用分割、審査期間は?

自己破産の費用を法テラスを利用して分割にする方法。審査期間は何ヶ月かかるのか?

破産者・Jです。

 

前回、弁護士と相談して自己破産でいくしかない、
という結論になりました。

 

同時廃止になるか少額管財になるかは
まだ分かりません。

 

これから債務の状況を整理していって
どちらにするか見極めるそうです。

 

自己破産の費用

さて、自己破産をするにしてもお金がかかります。

 

自己破産するのは2つの費用がかかります。
弁護士費用裁判所費用です。

 

  1. 弁護士先生に支払う費用として
    • 着手金15万円〜
    • 成功報酬15万円〜
    • 実費
  2. 裁判所に支払う費用として
    • 破産手続きの申し立てをする手数料
    • 予納郵券(債権者や自分に裁判所から郵便を送る費用)
    • 官報公告費(官報という国のお知らせに載せる費用)
    • 少額管財の場合は引継ぎ予納金20万円(管財人弁護士の報酬)

といった費用がかかってきます。

 

費用の概算として同時廃止で15万円〜30万円
少額管財で35万円〜50万円ほどかかる見通しです。

 

このように自己破産には高額な費用がかかってきます。

 

 

破産費用を分割払いにする方法

「破産するんだからお金はない!」
と私も思っていましたが、かかるものはかかります。

 

ただ、私はどうしてもお金を用意できなかったので、
どうにか無料で出来る方法を探していました。

 

完全無料という方法は見つかりませんでしたが、
費用を分割にする方法を見つけました。

 

それが法テラスを利用することです。

 

 

法テラスに自己破産の費用を立て替えてもらい分割で支払う

法テラスの民事法律扶助業務の中に、

  • 法テラスが弁護士費用を立て替えてくれる(分割払いに出来る)
  • 弁護士の相談料が無料になる

というものがあります。

 

このように法テラスを利用すると、
費用を分割して支払えるので、手元に現金があまりなくても
自己破産手続きが出来ます。

 

※法テラスの民事法律扶助のしおり
法テラス・民事法律扶助のしおり

 

 

法テラスの審査期間はどのくらいなのか?

ただし、法テラスと契約するのには時間がかかります。
1ヶ月はかかると思って間違いないです。

 

法テラスは収入や資産について審査をします。
低所得者に法律サービスを提供するのが法テラスの特徴です。
審査はかなり厳密で1〜2ヶ月ほど時間がかかってしまいます。

 

審査書類も申込書だけでなく、非課税証明書や住民票も提出します。
(収入のある人は納税証明書や給料明細などを提出する。)

 

※民事法律扶助の流れ(審査は厳密)
法テラス・民事法律扶助の流れ

 

審査がすべて終わってから契約となります。
審査に通るまでは債権者から督促がきます。

 

 

審査が終わるまでは督促がくるが対処法はある!

ただし、弁護士にすでに相談しているので、
督促電話に怯える必要はありませんでした。

 

弁護士からも助言を頂きましたが、債権者には、
「弁護士にすべて任せているので、弁護士に連絡してください。」
と言っておけば問題ありませんでした。

 

ただ連絡がつかないと思われると不利になるので、
電話には出ました。

 

毎回同じことを聞かれるので、
「何度電話をかけてもお答えすることは変わりませんよ」
と答えておきました。

 

銀行や消費者金融の担当者も仕事でやってるだけなので、
過剰に反応する必要はありません。

 

今は法テラスに相談しなくても費用を分割払いにしてくれる弁護士がいます。
法テラスは厳格な審査基準を満たさないと利用できません。
(収入や資産に上限がある。)
そのため着手金無料費用分割可能な弁護士に相談することをオススメします。
⇒ 債務整理の費用分割可能&初期費用0円の弁護士

 

前へ 自己破産の体験談の目次 次へ