管財人面談(少額管財)

無料】今すぐ電話して解決する【相談】

借金問題なら信頼と実績の岡田法律事務所へ

管財人との面談日程が決まる

破産者・Jです。

 

前回、破産手続開始の決定が通知されました。
債権者集会と破産審尋の期日が決まりました。
3月上旬には、1年以上取り組んできた自己破産も完全に終了することになります。

 

 

管財人との面談日程が決まる

弁護士から連絡がありました。
12月上旬に破産管財人との面談があるとのことでした。
面談は約30分程度で裁判所近くの弁護士事務所で行われます。
(破産管財人は弁護士であり、弁護士の所属する事務所で行う)

 

 

管財人面談とは

代理人弁護士からの説明によると、
管財人面談は私の財産や収入、破産の申立に至った経緯などを
説明する場であるとのことです。

 

嘘の説明はしてはいけないし、
管財人に分かるように説明する必要があります。

 

管財人は敵でも味方でもありません。
しかし、裁判所から委託を受けて破産者の調査をする立場です。

 

そのため、弁護士先生からは、
「破産者・Jさんは説明する立場ということを肝に銘じて下さい」
と釘を刺されました。

 

 

その他の注意点

郵便物は転送されます。

管財人が選任された日から届けられる郵便物は
一旦転送されて管財人に届きます。
管財人が中身をチェックしてから破産者に届けられます。

 

引っ越しと旅行には制限があります。

長期に渡って不在になることは許されません。
連絡が付かなくなることと夜逃げを危惧しているからです。
旅行や引っ越しは事前に代理人弁護士に連絡する必要があります。

 

財産を勝手に処分しない

今持っている財産を管財人に連絡なしで処分してはいけません。
処分とは売ったり買ったり人に譲り渡したり、などだけではなく、
捨てたり、汚したり壊したりして使えなくしたり、といったことを含みます。

 

代理人弁護士も同席する。

この面談には代理人弁護士も同席してフォローしてくれます。
基本的には管財人からの質問に正直に答えていればOKです。
答えに詰まったり、説明が分かりにくいときは代理人弁護士がフォローしてくれます。

 

前へ 自己破産の体験談の目次 次へ

自己破産や任意整理などの債務整理に強い弁護士を全国から無料で探せます。
過払い金や元本圧縮による借金減額無料シミュレーターにもなっています。
完全匿名・住所不要で相談できるので誰にもバレません。
⇒ 街角法律相談所無料シュミレーター