法テラスの支払いを滞納した。生活保護も考えたが・・・

破産者・Jです。

 

前回、自己破産の申立をしました。
同時廃止ではなくて少額管財で申立を行い、
破産申立書のコピーが郵送されてきました。

 

 

弁護士に指摘されていた予納金を貯めるために、
3ヶ月ほど仕事を探していました。
しかし仕事は見つかりません。
いよいよ生活費すら足りなくなってきました。

 

生活保護を受けたほうがいいのかな?
と思うようになりました。

 

以前、弁護士に初回相談したときに、
生活保護を受けたら法テラスへの支払いが無料になると聞いたからです。

 

生活保護を受けるなら弁護士から法テラスに連絡して、
代理援助契約の内容を変える必要があります。

 

どうしたらいいか、弁護士に相談したところ
生活保護ではなくて法テラスへの月1万円の支払いを減額したらどうだろうか、
という提案をいただきました。

 

法テラスへは月3,000円にして下さい、とお願いしたのですが、
減額や変更は弁護士を通してくれ、とのことでした。

 

債務者個人からの要望は聞く耳をまったく持たない感じでした。。。

 

ちなみに支払い口座に残高なければ、
督促の手紙が来ることになります。

 

※いよいよ残高不足で滞納し始める
法テラスへ支払いを滞納して督促状が届いた

 

 

法テラスが私の話をまったくと言っていいほど
聞いてくれなかったことに強い憤りを感じました。

 

支払い金額は生活状況が変わったことを
客観的に証明しなければ変更出来ないそうです。

 

証明と言われも途方にくれてしまいます。。。

 

今は法テラスに相談しなくても費用を分割払いにしてくれる弁護士がいます。
法テラスは厳格な審査基準を満たさないと利用できません。(収入や資産に上限がある。)
そのため着手金無料で費用分割可能な弁護士に相談することをオススメします。
⇒ 債務整理の費用分割可能&初期費用0円の弁護士

 

前へ 自己破産の体験談の目次 次へ

 

オススメ記事

借金は減額できます。これは法律で決まっている国民の権利です。
⇒ 借金問題を債務整理で解決する方法

 

いくら借金が減るのか?借金減額のシミュレーターをお試しできます。
⇒ あなたの法律相談カフェの申し込みはこちらから!

 

債務整理専門の弁護士ランキングです。
⇒ 債務整理の弁護士事務所の比較ランキング

 

自己破産の費用が払えませんでしたが、「ある方法」で解決しました。
⇒ 自己破産の予納金と弁護士費用を解決する方法

トップへ戻る